超時空要塞マクロス TVレビュー(第19話)

前回で19話までレビューしたかったのですが、余力がなくなってしまいました(^^;)

いつものようにネタバレ注意です☆



19話 バーストポイント





明るく振舞うものの、ローディアは軍のカフェテラスでひとり涙を拭いていた。
茜色に暮れる夕日のカフェテラス、輝も同じくたそがれていた。
未沙はクローディアを探してやってきたが、輝の姿を見つけ怪我の回復を心配するのだった。

マクロスは民間人の受け入れ問題も抱えている。
「不思議ね、こうして闘い続けているなんて」
>未沙のつぶやきも夕焼けの中。

マクロスの運命は暗闇の夜を通らないと明るい朝はやってこないのかな。

マクロスにオンタリオ自治区が受け入れるとの連絡が入った。
>オンタリオ・・・ってカナダですね。いいところなんじゃな~い、と思ったけど・・・?

>同じく敵陣にも、テンション↓↓な人がいた。

マックスにやられて、自信喪失中のミリア。
先日の攻撃で恩情ともいえる状況で命からがら帰還した。
ミリアはマイクローンスパイに志願する。
自分の腕を信じていたミリア。それをへし折った敵=マックスに会ってみたいという秘めた思いがあった。

打ち込まれたことの無いフォッカーの機を前に、何度も打ち落とされたのに自分は生きていると感傷的な輝。
景気づけに羞恥心?な三人組(+マックス・柿崎)でステーキを食べに出かける。

>・・・柿崎同様、ステーキ大好き!普段はお肉控え気味ですが、機会あれば上ランクを注文。
私も輝におごって欲しいよ~。

>久しぶりのコミカルシーンなものの、心から楽しめないのは・・・。

じゅうじゅう焼きあがったステーキを前に「荷物は届いた」との暗号の召集が。
ステーキを食べ損ねる柿崎。

輝はフォッカー機に乗り、自覚し始める
>おお!少年アニメっぽくなってきた!

そんな中、なんだかステキなドレスを着て地球に降りるミリア。

バリア使用上の注意:
張ればこちらの攻撃は打てない


「やつらがホンキなら勝ち目はないかもしれませんよ」
フォッカー少佐ならそんな弱音をはかなかったという未沙に、輝は小さく了解と。
「死なない程度に二人ともがんばれよ」
>励まし励まされ、三人の少年達は夜の戦闘を繰り広げる。
こういう細かい心理が描かれているところがマクロスの魅力なんですよね。

健闘もよそに、マクロスが抱える問題のように、バリアが不安定に。
 
そして爆発・・・!!

>ここで、「あなたたちだけでも逃げて!」という未沙の人気が上がったのは有名な話ですが、そう思うけど、その後の出来事にかき消されてしまいました。
また残酷な場面を目の当たりにしなくちゃならないなんて。

三番手の柿崎機、逃げ切れずに熱風が彼を飲む・・・。

結局。マクロスだけが助かった。地上も50キロは壊滅状態。
>本当に悪運強いのです、マクロス。でも、もう少し上空に異動すればよかったのに。
艦長、采配不足だな~。

柿崎がやられたという報告に、未沙、「でも、マクロスの人たちだけは生き延びたわ」
>未沙はそういうときによく、『でも・・・』って言ってマシなこと比較するんだけど、私が輝なら同調してほしかったな、これは甘えかな。

カイフンのとんちんかんなインタビューに、未沙。
「どんなにやめたくてもやめられないことだってあるのにね・・・」
>これは~、一般的に人生においても言えることじゃないって、ドーンってきちゃいました。
マクロス観て人生を考えるなんて(^^;)

さて、最後に、放っておいたこの人のエピソード。

過労で入院したミンメイはん。

マクロスに戻った輝に、お見舞いに来てねだるが、輝は何も言わずそのまま受話器を置く。
そして、流れる「ランナー」♪
>この演出、ありがちだけど、この曲が流れて二人の関係性が変わっていくことが示唆できますよね。

・・・18・19話と続けて主要キャラの死がありました。しかも明るい大男から消えていってる。
一瞬以前のノー天気さを忘れてしまいます。

柿崎くん、お空でステーキを堪能して下さい。警報も、誰も、邪魔しませんから・・・。
[PR]
by peppermint_y | 2008-06-21 17:00 | comic