人気ブログランキング |

まんがよみはじめて物語

私のマンガ読みは、女子の多分に洩れず「なかよし」「りぼん」の王道から始まりました。

マンガ雑誌って殆どの人が、よほど固い家庭でなければ定期的に愛読書を持つ経験をしていると思うのです。そして年齢層で雑誌が発刊されているので、ヴァイオリンを体に合わせ買い換えるがごとく、変遷し共に成長していくんですね。なーんて全然あってない比喩。。。

マンガ雑誌履歴。
まず続けて読み始めたのが「なかよし」☆。
なぜか何回か「りぼん」と交互に亡き父が買っていてくれたのですが(わざと交互でなく区別がつかなかっただけ?・・・今思うとホント、安いお小遣いの中からありがとう~!!)結局、理由は覚えていないのですが何らで「なかよし」が競り勝ったのでしょう。
読み始めたときは、あの『キャンディ・キャンディ』が連載中。物語の後半の導入・・・ナースになったところらへん・・・でした。『キャンディ』は強い魅力ですが、きっと他にも魅かれるものがあったように思います。

つい大人になっても・・・

『どっち派だった?』
『りぼん!』

みたいな会話、しませんか。

『私、なかよし。だってふろくがいいんだもん』

私は今も一年に一回くらいはしています(笑)

たまに「ちゃお」(ロマンティックな作品が多かった印象)を読み、なぜか「花とゆめ」にはいかず(”花ゆめ”を読んでいたらなんか人生変わっていたような気がする!)、
中一まで「なかよし」を読みつづけ、この辺りで1年位アニメ雑誌も読みだします。
「なかよし」で少々物足りなくなっていたとき、出会ったのが友人のお姉さんが読んでいた「少女コミック」。
「少女コミック」には少々エッチ系のきわどいシーンが出てきてたので、抜き打ちで検察に入った母から禁止されることになります。「なかよし」で健全な少女作品『キャンディ」を書いていた作家さんたちもここでは大人の様子を表現してくれます。新しい仕組みを知り始めた年頃にはそれが魅力のひとつだったことは認めざる得ません。正直。。。

高校に入ると、コミック雑誌類は買わなくなり、友達の「別冊フレンド」をたまに読み。このあたりから購入誌はcomicからfashion(“olive”、“ sister”)に完全に変遷していってしまいます。(↑なぜ斜体↑)

短大以降はなぜかたまに「まんがくらぶ」(四コマ系。“パロ野球ニュース”、“ぼのぼの”など掲載)で癒されていた・・・どういう具合でその雑誌を知ったのか覚えてないが・・・粒ぞろいのハズレなしという印象が残ってます♪

これとは別にこの間、膨大?かどうかは微妙な量の単行本を読んでいきます。

「なかよし」の話に戻るのですが・・・
「なかよし」はマンガ以外にもふろくやコラムも大好きでした。

「わんころべえ」という4コママンガが連載されていて、私はその絵を子供ながらにシャレてるう、と思っていたのでわんころべえイラストのものは”使える”って嬉しかった。
他に思い出に残っているのは小冊子系のふろく。好きだったあ~。
星占いブック、おまじないブック、おしゃれブック・・・。料理本もあったような気がする。
実践するには子供には材料集めができないくて(ポプリの作り方、とかおまじないの時、好きな子髪の毛とか)歯がゆい思いが。
たまにみかんを使うとかなら実践できたり(笑)。
今に役になったかも?!捨てないでとっておけばよかったですね。
それから絵の印刷されたティッシュ!
今なんか『鼻、かめればいいじゃん』って思うけど、当時絵付ティッシュをちまちま集めるのに必死でした。
本誌では・・・
まんがスクール。投稿しないくせになぜか毎月読んでいた。
他にマンガ家さんたちと読者の手紙交流コーナー。
マンガ家さんの一週間の食事が載ってたりして、栄養士さんが鑑定?するやつ。
いかにもマンガ家~という隔たりのある食事(イメージ)が衝動的かつ幼心に心配。。。でも中には妙にバランスいい人もいたりして、なーんかイメージ違う!ってがっかりしたり。
怖いことに奥からいまでも当時のシールなんかでてきたりするんですよ。
どうしていいかわからず、結局あった場所に戻すだけですが・・・。
by peppermint_y | 2006-05-26 17:00 | note