祝10th「MACOSS:THE ART 1982-2018」レポート(前)

(注)レポートですががっつりフィクションを織り交ぜてお送りいたします。


お久しぶりです、早瀬未沙(偽)です。
ワーキングネームで出ています。みなさん、お元気ですか。
私、6月29日から10月29日まで手塚治虫記念館で行われた「MACOSS:THE ART 1982-2018」へ行ってきました。
行ったのは9月中旬ですので、レポートが大変遅くなったこと、お詫びしますね。
今回はマク友のゆばさんとご一緒です!女子会モードなので輝はお留守番です。

ちなみに以前もこんなマクロスイベント がありました。

順路未解析で現状と異なっている場合がありますのでご了承くださいね。





e0048868_01445783.jpg







なんとゆばさんは関東から日帰りで決行なんですよ。
みなさん、宝塚って日本のどこにあるかご存知ですよね?
そう、宝塚市は兵庫県、近畿地方。それを日帰りですって、かなり贅沢よね。

え、じゃあお前はどうしたのかって?

宝塚といえば手塚先生の出身地でもあり、基は温泉地として開発され、その温泉地で誰もが楽しめるイベントとして創設されたのが、100年以上も続く宝塚歌劇団。

実は早瀬、宝塚歌劇の隠れファンだったんです。
東京でお母様と観たのが初めてなんですけれど、それからずっと憧れていて、密かに入団したら男役?女役?なんて夢に浸っていました。

なので私は前乗りして宝塚観劇をし、翌日に「MACOSS:THE ART」を観に行くという、どっちがどっちもの二頭追ってしまったことは否めません。。。

そうそう、このレポート、もうお父様のチェックが入らないので油断して汚い言葉使いしてしまったらごめんなさいね。

さて、待ち合わせした宝塚南口駅にゆばさんがシャキーンと颯爽と現れて合流。

まずは腹ごしらえとマクロスコラボメニュー開催中のお店へ向かいました。
食べたいジャンル重視で小さな駅の構内にある中華料理のお店を目指すと、イベントのポスターが待ち構えていました。

e0048868_02063583.png


ちょっとぉ…このポスターって見かけるたび興奮するのよねっ。
でもゆばさんに『変な奴ー』って思われないように表面的には冷静を保っていたのでした。
しかも親切に道案内付き。

店内にも「MACOSS:THE ART」のポスターが飾られており、「マクロス・フロンティア」のキャラデザ、江端先生のサインがされていました。
この後もいくつ書いた?!っていうくらいたびたびサイン入りポスターを見かけました。

このイベントはF放送開始10周年を記念しての開催なんですよね、時の流れが早すぎ!
だからこのイベントで、私の出演していた「超時空要塞マクロス」通称=初代の扱いが残念すぎる。と思うのは違うのかもしれないけど、やっぱり主演女優としては(さりげなく主張)複雑に思うこともあるのです。。。

さあ、気を取り直して、銀河ラーメンが運ばれてきました。
この再現性、凄いですよね。料理人さんの技術の結晶。


e0048868_02061112.jpg


コラボということでランカさんのコースタもいただきました。
アップ欲しがりな人はこちら。(シズル感を大切に)


e0048868_02080075.jpg


かつて渋谷でのマクロス展の時にも銀河ラーメンをいただきましたけれども、こちらのお店はスープの味がやさしい感じ。
写真見てるとまた食べたくなってしまう、食いしん坊な私なのでした。
ブログ主がコミケ以来に会ったというゆばさんとぺちゃくちゃお喋りしながらも完食し、手塚先生の記念館へ向かいます。

宝塚南口駅の目の前は宝塚ホテルで、歴史を感じる素敵な建築物ですが既に建て替えが決まっています。
保存されるかどうかは調査漏れですが、興味がある人は早く行った方がいいかもしれません。

結構暑い日だったのですが、宝塚大劇場を眺めながら武庫川にかかる橋を渡ると風が気持ち良かったです。


e0048868_01294378.jpg



徒歩約10分、着きました、手塚治虫記念館様、ご無沙汰しております(敬礼)

入場券購入の際、所定のカード類を提示すると、入場料が割引に。ゆばさんがササッと提示してくれてまとめて割引していただきました。感謝。
これお得なので事前チェックしておくといいですね。

一階は手塚先生の軌跡と功績に関わるものが展示されており、前にも拝見していますが、何度見てもスゲー才能と思ってしまうのでした。
館内の奥の方へ進めていくと…



――ああっ、ミンメイさん!

e0048868_01300895.jpg


『ここから入らないでください』なんて、生身でフォールドしろとでも?あ、ミニシアターの入口は向こうですか。

にしても、ミンメイさん、いつもの雰囲気と違う…確かにキャラデザのⅯ先生はシリーズ進むごとにどんどん絵柄が変わっていったけど、ここまでの変貌を遂げたとは。いやもしかして、ス…。

  



 \違います、誤解です、手塚プロです/
e0048868_16314313.png






ちょこちょこマクロス的なキャラクターが展示されているのですが、恥ずかしながら存じ上げておらず、ゆばさんによるとマクロスシリーズの末娘、マクロス・デルタに出てくるキャラクター達なんだそうです。

e0048868_01431329.jpg


e0048868_02231921.jpg



さすがにこちらはマクロス7の方々と存じ上げております。


e0048868_02245827.jpg

お、お名前は確か…

(シーーン)←昭和


ホ、ホラ、私達長いこと地球を離れていたし。
海外からの「7」ファンの方の訪問よ、7さんも海外でも有名なんですね。
こちらの前で一緒に記念撮影ということで、スマホで写真の取るのは初めてでしたけど、いち軍人として何食わぬ顔でやってみました。

一応、私達もなんとかテックっていう再編集モノで放送されたらしいけど。
実は…撮っているあいだにマクロスキャラだってことに気付かるかなって思ったんですが…いいんです、いつもイベントで駆り出されるのはミンメイさんですし、私の地味な顔なんてインスタ映えしないのでしょうね。
輝は『ただのジェネレーション・ギャップだよ』と励ましてくれるのですが…そういう自分もイベントで無視されてますよね。

少し動揺した早瀬でしたが、ユニコちゃんの笑顔に救われました。


e0048868_02285082.jpg


ユニコちゃんを見ると琴線に触れて仕方ないのですが、このことはまたの機会に話しますね。


e0048868_02300592.jpg


レオちゃんと美雲さん。
マクロス・デルタは最新シリーズですので、軍のコンピュータを使って調べてきました。


e0048868_01445783.jpg


江端先生が描き倒した「記念館」用サイン付きポスター。


下はシェリルさんご出演のCMポスター。このセクシーさを見習いたいものですが、輝がのけぞっちゃうかしら。
e0048868_01302186.jpg


そして。



e0048868_21173053.jpg




e0048868_01330367.jpg


ランカちゃん、キラッとか言ってる場合じゃない。


今まで展示されるメカってvf-1が定番でしたが、うちの軍のものじゃないのでFさんのもののようです…フーン、赤メカですってか。
まあ、マクロスの魅力はメカニックデザインもその祖ありとメカ素人でも分かりますよね。



e0048868_02354699.jpg

シェリルさんとランカさんのフィギュア、でなくて、どるふぃーどりーむというのだそう。

あの、タ〇ラの偉大なシリーズかと思いました。


逆に私への愛情がかなり必要よ↓


e0048868_16225479.jpg
(画像お借りしました)




そしてそして。
じゃ、じゃ――ん。



e0048868_02412305.jpg



フロンティア歌姫達のヅカコスVer.♪♪
舞台仕様♪

この企画をやろうと思いついた人は一体どなたなのでしょう!?こう来たか!って感じ。
ありそうで今までなかったコラボレーション、ヤバすぎです。
もし両方とも好きなんて方がいたら、発汗に垂涎で脱水症状ものじゃないかしら。
『お手を触れずに』って崇高すぎてジェンヌさんに触れられるはずがありませんわ。
後ろの画面ではお二人のMVが流れていました。

ネットでポスター初見した時はすぐにFの二人とは気付かず、それは早瀬が初代の人間だからだと思うのですが、男役はタカラジェンヌのイラストじゃなくてシェリルさんなのよね、当たり前といえば当たり前なんだけど

シェリルさんなら長身だし歌も上手いし、もう歌劇の舞台に立って欲しいくらいです。


e0048868_02440419.jpg


以前河森先生のポシャった企画に男装した女性キャラを登場させる予定だったのを、Fにシフトさせてシェリルというキャラを作ったというのは本当なのかしら。(ウィキ丸呑み)

ああ、私もこの薄い顔立ちならヅカメイクが美しく映えたでしょうに。軍人の家に生まれてこなければ(惜)
(※ちなみに軍人家庭の入団者います)

もしモデルにした生徒さん(団員は生徒と呼称)がいるとしたら、最近のトップさんにこういう感じの方はいないので、河森先生の作品に関ったこともあるいつもカッコよすぎて背もたれにひっくり返らされてしまう、あの方だったらいいなと思うのですが…。
糞ブログで露わにするのはアレなので、気になる人は各自マイコンで調査を。


ランカちゃんも娘役ポーズ、決まっていますよ。

e0048868_01320858.jpg

背負羽のデザインも、男役トップとそれ以外の違いを忠実に再現!ここまでやるかと感動です。

ちなみに娘役のアクセサリーはほとんど自身で手作りなんだそうです。ランカちゃんもハンドメイドしたのかしら。骨が折れるわー。

ポーズや衣裳だってすごく研究して描かれているのが分かるし、このキラキラでこまやかな再現っぷりは女性のキャラデザさんのなせる業と言っていいのではないでしょうか。
そのうえで本家に許可を申請しているのかどうかが気になる。

ああ、興奮しすぎて、このコンテンツにはずいぶん立ち尽くしてしまったわ。



(つづく)


(お断り)文中の未沙とブログ主の気持ちは多少異なります

Commented at 2018-11-29 15:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by peppermint_y | 2018-11-26 22:00 | anime | Comments(1)