BEST13 of ゴルゴ13 

録りだめてた「探検バクモン」を観て、急に読みたくなって候。

e0048868_23473569.jpg


まずは何巻まで出てるんだろうと調べてたらセレクト本が出版されているの知りました。



「ゴルゴ13」との出会いは嵐の中。
台風に遭い、どっこも行けなくなった時にペンションにあったのを読んだのが初めてでした。

取り寄せてみて、厚さ=噂どおり辞書並み。
普通に座って読んでてもその重力におびやかされ、寝て読むかと思うと支える片腕が・・・と難儀ww

しかも、ゴルゴ13は設定がリアルなのでそれを理解しながら、迫りくる劇画&描き込みを追うという、私にとってはオツムにもなかなかハードなもの。

というわけで、漫画なら一気なはずなのにまだ半分ずつしか読んでません!
面白いんだけど、愛蔵版ゴルゴのお相手は体力必至・・・


ゴルゴ・サーティンだけに13話収録で、赤が原作者のさいとうたかを先生選抜、黒が読者選抜なんだけど、2003年出版時点というわけで、この10年で単行本で37巻分出ているから今やったらまた順位とか変わってくるのかもしれないですね。

このコンスタントさ、どこかの少女漫画家にもお願いしたいところです(笑)
「バクモン」でも紹介していた、このプロダクションシステムをアンチにする人もいるみたいですが、アシスタントさんを頼んでたら似たようなものなんじゃないですかね。

必ず先生しか描かないというデューク・東郷ですが、もち、生年月日はアンノウン(不明)。にしても、推定29才って知ってた?!
ガチ昭和、東映系wだからついwww
そしてこの色気。
モテモテなのは生命力の強さに本能的にひきつけられるからじゃないでしょうか(笑)

この約2500ページを読み終えても、全167巻を踏破したら自分だけの1篇が出てきそうな気がする。
それが惜しいけど、生活が破滅しそうなので今はやめておくと思う。
[PR]
by peppermint_y | 2013-06-03 12:00 | note