「マクロス 愛・おぼ」上映会記録☆ その2

「徹夜」のツケは3日後に・・・

先週水曜あたり、来ました・・・爆睡コックリさん(はい・いいえww)
仕事中何度も瞑想状態に入ってたの、斜め前の女ボスは分かってたと思う・・・(-゛-メ)

あれから一週間も経ってしまいました。

ってわけで集いのあとはあんなにギンギンだったのに、反動でか先週は腑抜け状態w


参加された皆さんのレビューがめちゃ面白いので、つづきを書く必要もなさそうなんですが、一応ケツ末まで書いておこうと思います。

まずは、こういう機会がなければきっと観ないであろう「F」の感想をちょろっと。





◆「F」って、ガンダム方式?!
ランカが”娘々”で注文受けてるシーン、広場で歌うシーン・・・ほんの数回しかTV放映を観たことはないんですけど、見たことがある場面がいくつかあったよーな気がしました。シリーズ再編集なんですか?他のマクロス映画もどうなのか調べれば分かるんでしょうけど、まーそこまではいっかーということで・・・^^;

◆落ちるシーン、マクロスお家芸
ミンメイの落ちるシーン・・・ここはTV版に一票。悲鳴は映画版に一票w
ランカとシェリル、落ち芸が仲良く1回ずつ入ってたのに笑ったw
Fの世界では生身で翼みたいなのを装着して飛ぶのですが、初代ファンとしてはもちろんバルキリーで救う、に一票ですねv

◆動体視力には優しい、CGメカ
戦闘中にバルキリーがホバークラフトみたいにババババ・・・って飛んでるの、いくらメカおんちのPでも『これって?!』って解せなかったわ。ミサイル爆発は目がチカチカするし、その音もめちゃ大きくて、アラフォーのお体には刺激が強くてよ(←誰?)ついでに『私の歌を聞けー!』って男言葉もダメよね、シェリルちゃんに言っておいて(←ホント誰?)

◆やっぱり「映画」はどこかわかりずらい??
ずーっと後になって「愛・おぼ」の設定が一般には判かりづらいってどこかで読んで、ゴールデンで放映されなかったのはそのせいかなって思ってたんですが、初代終わりにトイレで『よくわかんなかったねー』ってF世代女子が言っててーww
Fもギャラクシーとフロンティアで・・・?・・・・の都市関係とか、戦争の理由とか、感性が豊かな人だったらすぐピンと来るんだろうけど、そうでもない人にはすぐ分かりませんでした。
感性が鋭すぎるんだろうか、あの監督さんが・・・。

◆さながらライブ会場
音楽がノリノリ(昭和表現)で、立ち上がってもいいぜ!ぐらいな感じでしたね。シェリルたちの振りとかもかわいくてそこは楽しかったですね。音がたくさん入りすぎてる曲でずっと聞いてると疲れそうだけど。
でもなんでアニメ上でのライブってメイドっぽいのかSMってなんなんだろうw映像的にインパクトとなるとそんな感じになっちゃうのかな。
そういえば「愛・おぼ」のエンドロールで思ったんですが、音楽系の方たちはほとんどお亡くなりになっている・・・ちょっと暗くなった。感謝、合掌。

◆三角関係
映画で特筆することではないけど、シェリルとランカいてすぐ三角関係なのねと思うけど、ふたりには友情らしきものが芽生えてて、ふたりともガンバレと言いたくなるようなキャラであったのはホッとして観られた。
けどいつも思うけどアルトって・・・美形だけど・・・ぜんぜん色ぽくなーーい!母性本能?!ちょびともくすぐりませーーん!
歌舞伎の女形のう設定・・・それって「はいからさん」の蘭丸と同じか(笑)
映画の中ではその設定生きてませんでしたね~ってゆばさんが言ってたのに大きくうなづいた。
蘭丸はかわいくて擁護したいキャラだけど、アルトって形どおりのヒーローっぽすぎてつまらない・・・あのシュッとしたのがいいのかな、今の世代って。


・・・なんかね、「F」観てると、親の気持ちが分かるような気がしましたとさ 笑

それと初代メインで駆けつけたものとしては初代を後に上映して欲しかったのですが、「F」の鮮やかな映像を見てしまうと目が辛かったかもしれないんでこれでよかったんですね。

話は戻りますが、輝と未沙のアレ、あの100年に一度のラブシーンを大スクリーンで見られるんだぞ!ってスケベ心もスクリーンサイズにして期待してたんですが・・・アリャ、こんなに早く済んじゃった。
当時観た時は長~く感じてたような気がしましたが・・・未沙のファンだったからすっごい感動したんだよなあ。
でもすぐ引きになって意外とあっさり、という印象でした。
もう一つのキスシーンはマクロスを見つけたときのやつ。
未沙が抱きついて輝がオヨヨ(笑)って顔するのとか、うん、輝とミンメイに関して表情がようく描き込まれているのがスクリーンではよく分かったなー。
Fファンも・・・押し付けるつもりはないけど・・・こういうところは感心してくれたよね?!

スクリーンであらためて観ると過去の感覚やTVで観る感覚と少し違う感じがするのでそれも面白かったです。
『第一級非常体勢』までの輝の告白シーンとか意外とタメがあるんだなって思えたし・・・。
昔と今の自分の感覚の違いも楽しいし、「マクロス」がキライになっていなければ、たくさんの人にスクリーンで再燃してほしいなーとつくづく思いました。

どうでしょうか、東宝さん、リマスタリングして「F」新作と一緒に同時上映は!
「F」次回作の時、Fァミマもマクロス・フェアをやったら、絶対買いに行きますんで・・・ゼントラ・サイズ・・・所要量の多いPにはうってつけだし。


ちなみに「F」終わりでは拍手は起きず、完結じゃないし単に世代が違うからだろうと思いましたが、隣の「F」な女の子たちが『これは拍手って感じじゃないんだね』って話してまして、どんな風に納得したんだか聞いてみたいところでした。
当時私が見たところでは拍手は起きなかったですが、起きたところもあったそうで、あらためて拍手を贈る機会が出来てこちらも満足しました。


・・・さて、映画館を出ると朝でした(当たり前)
実はレイト・ショーって初めてで。意外に眠たくならなくて自分でも驚いたけど、やっぱり興味が無いことは眠くなるんだな~(=仕事)って思いました。。。

さて、映画と同じぐらい期待していた、みなさんとの“朝まで生マクロス”が始まりです!

いや~あの光景はいつまでも忘れられないと思います。

会談中、マグロがもう一匹とか、ピンクの魚とか、食器棚とか、フィルム早回しとか、トリビアの泉どころか大水噴水、水浸し状態。

みなさんTVシリーズの場面もよ~覚えていらっしゃる・・・!
(「あそこの場面、ラプラミズが色っぽい表情だったじゃない」「うんうん!」とか @@;)
心からシャッポ脱いじゃう!

ゆばさん&いろはさん、律儀にアップしてくださいましたが・・・・一度帰ることにして雰囲気出したくて本当は劇場版のパンフレットを持っていきたかったんです。
でも今の家に愛・おぼ関係はあの汚い「アニメック」しか無くて。
いにしえのアニメ雑誌、未沙のように胸元から取り出すにはちと大きい。

はじめにあの本をネイルを施したキレイな手で瑛理子さんが読んでくださり、そのあとお二人が写真撮影が始まったときはちょっと驚いた&嬉しかったです。
あとね、マクロス以外でほぼ共通でお好きだったあるアニメ作品があったのですよ。
その作品は、

「バイファム」

e0048868_2238626.jpg


この本昔持ってたな~


らんこさんが『あれ名作よね~v』って言えば、『もうバイファムにいってたから劇場版はあまり・・・』と悔しがる?ゆばさん、いろはさんがロディを描いていたのはすでに拝見したことがあったので・・・ここでもう一つ同人の輪が出来るんじゃ、って傍らで思っておりました。
PはバイファムをTVでちゃんと観た記憶がほとんど無いのですが・・・なぜかエンディング曲、歌えた、♪ネバギバ!今いきなり~♪でしたよね?
「マクロス」を教えてくれた友達も思いっきりハマっていたし、「マクロス」と通じるなにかがあるのかもと思いました。


人通りも増え始め(この座談会を見た通行人はなんの集まりか?って思っただろうw)、いざ解散ってなった頃・・・名残惜しかったんだと思います・・・あったかいものでも、なんて言ってしまい、遠路はるばるのいろはさんもいらっしゃるということも考えずまたもやスタバ入ったご一行様。
(ここではせくしー軍服のことで盛り上がりました・・・)


いやーーーーこの上映会&オフ会に参加できたこと、今思うと、おざなりの生活の中この日だけひとすじのスポットライトが当たったような感じでした、自分KYだったとしてもね(爆)


それだけでなくみなさまからおみやげもいただきまして。

e0048868_22131643.jpg



確か「花男」にも出てきたうさぎやの名菓・どらやきにお手製のクッキー(もはやブランド化vまとりょ~しかのテープに皆さま反応v)
あと写っていませんが赤味噌の「つけてみそ・かけてみそ」、結構重かったのではないかと思います。
白飯にお豆腐に、あとマイブームの練りゴマと合わせてみたところ、美味!おいし~い冷しゃぶだれになりました!やってみそ!

 ・・・本当にありがとうございました。


そんなご一緒させていただいたメンバー、いろはさんのレポで“擬キャラ化”されていらっしゃいましたが、キャラに例えるなら・・・

いろはさんは未沙+柿崎。一見たたたずまいは大和撫子。しかしマクロス話中の面白発言と擬音がおかしくて意外!(す、すみませ~ん!ご本人のブログでナイズされたかもしんない)
ゆばさんはクローディア+輝。 頼れる姉貴って感じー。そつのない振る舞いに憧れすら感じました。で、輝、好きだー!全開な無邪気な感じが主人公かな~と。
らんこさんは親分+シャミー+提督。 気を悪くさせたらすみません・・・クルンとかわいい感じで~しかし落ち着いた雰囲気がありそこ父上。『視点が違う』ため、あえておやびん印+。
瑛理子さんはグローバル+フォッカー☆
野郎ばっかですみません~でも”初対面で2泊3日”が大丈夫そうな親しみやすさが艦長(ってヲイw)、華やかな感じがフォッカーのアメリカンな感じに通ずるなあと思ったんです。靴がおしゃれだった☆

・・・ってPはお〇っこもらしそう=よっちゃんことで赦してくださせ~。


みなさん、お世話になりました!!!


ああ、次回はどうなるんだろう・・・(ってか、参加禁?!)
もっとマクロス知識も上げたいし、人間性とかも高めておきたいところ!
今回、残念ながら上映会に駆けつけられなかったみなさんともぜひ交流してみたいです。
(そうはいってもイザとなったらまた緊張するだろうけど・・・)



――そろそろ今年も7・7(関東地区は7・21)がやってきます・・・・・。
[PR]
by peppermint_y | 2010-06-21 23:18 | comic