「マクロス 愛・おぼ」上映会記録☆

初めてのオフ会、と言ってもイイv


木曜の夜中のことでした。
いろはさんのお宅に行ったところ、「マクロス1984-2009スペシャルナイト」の事実を知り、驚愕w(゚o゚)w

いつかまた・・・と願っていた“愛・おぼ”のスクリーン上映!

しかもいろはさんも出撃決定だって!

NGYから駆けつけるファイトに触発され、しかも大御所のみなさんとお会いできるまたとないチャンスかもしれません・・・そう思ったらいてもたってもいられず、尻メツレツ、ゴーインにアドレスを書き込んでいました。。。

しかも昨日の今日・・・いろはさんはじめ、みなさんにお会いできなくても仕方ない(もう気分的にそっちメイン)・・・と思っていたら、いつものうなだれた朝、なんといろはさんからメールが!!!!! 瞬間、鳥肌がザーッとたちました!!
その後、江戸組・ゆばさんにメールを、とご連絡してみると、マヌケにもまだチケットも取っていなかったPになんと手配までしてくださいました。大感謝(TT)

こうして、みなさんにご迷惑こうむらせながら、なんと、上映会に参加することが叶ってしまいました (゚∀゚)




ご参加人数をおききすると、いろはさん、ゆばさん、らんこさん、瑛理子さんという豪華ラインナップ!ぷらす、ぺぱの5名とのこと。

行くと決まってから脳天回天状態、残った数パーセントの理性でサムい奴にはならないよ~にと思っていましたが・・・結局なっちゃったんだけど 笑・・・しかも、熱望!参加!のくせに、初!ナマ!ご対面!となるとなんだか緊張してしまう“チキン”なヤツ。
テンパりながら「ヒルズ」に向かったのですが、先週行ったくせに地下鉄で迷うわ、待ち合わせの場所へ迷うわで、右往左往。まっ、普段から迷惑掛け系のぺぱww予測可能な事態だったのですが、ここまでサクサクイケてたのはお二人のお力だったんですね。自力部分は『娘々様からの伝言を最後まで聞かない輝』位ダメなヤツなんでした。

さて、『スタバの外で4人で座っています』のゆばさんからのメッセージにテラス席に目を凝らすと・・・もしかしてこの4人の淑女?!


・・・“SATC”かと思いました 笑 


だってみなさん、知的でキレイな方なんですー!

マクロスをネタにして、ギャグやエロを飛ばしているなんて、なんかリンクしませんです~!

席に座らせていただくと変な緊張がマックスとなってひとり笑えてきてしまいましたww
ホント、出来ない子ですみません。。。
これに懲りずに今後もよろしくお願いいたします><

上映まではもちろんマクロスに関することでダベり、管理人さまの記事の深いトコまでお聞きしたりして・・・あ、いろはさんちの柿崎犬v犬種も判明しちゃいましたv
らんこさんの、脚本の第一稿の内容、とか興味深かったですねー。らんこさんがお持ちの資料レベルはさすが違います~。トリビア、というよりまず世の中には普通出てこない情報ですよね。らんこさんが生き証人みたいに思えました 笑

外の空気も気持ちが良くて・・・この夜は新月だったそうです。
瑛理子さんが『以前、どこかでお会いしたことありますよね?』と声をかけてくださったのですが、言われてみればそんな気が・・・ふと、他のみなさんともどこかでお会いしたような・・・昔”あの遺跡”でお会いしたりしていませんか 笑

さて、ついに上映が始まる時間が近づき、館内に入るとマクロス目当ての人々でごった返していました。
そこには初代世代であろう人、F世代であろう人目当てであろう人、胸の真ん中に『デ・カルチャー』と書いてあるTシャツを着た異国の方であろう人(そうだってば!)、様々なマクロス・ファンが集結していました。

私は直前に参加決定したのでみなさんと席が離れていたのですが、少しだけホッとするような気もありました・・・だって初対面なのに、もしも盛り上がってどうかなったらナニだし、ましてやおならプーとかした日にゃどうしたもんかと思ってたからww

始まる直前、係員さんのタイトル・コールで肝心の“マクロス”が抜けるというハプニングありまして・・・

いやー、これぞ「マクロス」らしさ、というべきか 笑
そこ、大事ですから~、今日のオールナイトの主旨はソコですから~ ww

場を和ませてくれたところで(?)ついに本編が始まりました!

・・・25年の歳月を経て大画面で見て、実際どういう感覚になるんだろう自分、と思ってたら。

恥ずかしながら、かなり水かさ増していっぱいいっぱいになってしまいましたYO!

やっぱりあの「愛・おぼえていますか」が流れながらの終盤の戦闘シーンですかね、うわーっとなっちゃいました、うわわわーっと!
「天使の絵の具」のエンドロールが終わり、全てが終了するとどこからともなく拍手が起きたのですが、この”うわーっと”を解放しないといてもたってもいられませんでしたので、ワタシもめいいっぱい便乗しました!

「愛・おぼえていますか」の上映時間は公式1時間55分。
観終えて、ビデオで観ていても思うんですが、「愛・おぼ」ってあっという間に終わってしまった、って感じるんですよねー。もちろん見ごたえも歯ごたえもがっちりあるんだけど、サクサク観れちゃうっていうか。
映画としてはしっかり尺がある方なのに、これどうしてかなーって思うにムダなシーンが無いからかなあ、と思うのですが、みなさんの対マクロス時間はいかがものでしょうか?

では、こんな ↑ ボキャ貧ですが、気になったことをご紹介したいと思います!


◆フィルムの状態
前もって『当時のフィルムなのでお見苦しい点があります』とアナウンスがありましたが、最初と最後はかなり音も飛び、フィルムの傷も目立っていました。25年の歳月を感じずにいられませんでした。

◆オープニング
マクロス、マグロ状態 笑。バカにしているわけではなく、横たわるマクロスはロボットというより人を乗せた宇宙船って感じですね。これは大画面で見ると迫力がありますねー、テーマ曲と合わさるとキャーvと叫ばずにいられません(心の中でね)。

◆んで、輝の登場♡
まあ、主要キャラでは未沙が先にお目見えするんだけど、映画では輝が目当てと言ってもイイv
初セリフ?“サンキュー!”はかなり浮くのだが(笑)、なーんか親近感のある長谷さん演じる輝の声は和むよねー。“やるぅー!”の“ぅー!”が特にかわいいv
確かに主人公にしちゃ意外な声かもしれないけど素直でボケな輝にぴったり、って何万回も思ってる。
TVの絵も好きだけど、映画の方はずっとカワイイくて安心して見られますし(作監付きっきりだもんね!)

◆なんだかんだいって閉鎖空間。
スクリーンで無重力状態を見ていると、そこに輝とミンメイがいるような錯覚にとらわれました。同じ真っ暗の中で見ているからかな?「愛・おぼ3D」、あったら面白いかも。。。それにしても輝はミンメイの後ばかり着いておってスカートの中、覗き杉ww

◆ソーダー水を飲む未沙の見切れ
クローディアと未沙の喫茶してるシーンですが、『あの子逃げ出したんじゃないかしら』とかしゃべってるときトオイメをした未沙の表情が見切れてて。ムック本ではちゃんと見えているので、ビデオだからかな。。。と思ってたんですけど、スクリーンでも同じでした。撮影ミスではないかとw

◆ヒロインのアップ時、なぜか氷を鳴らすシト
私の後ろの席の人たち(♂)は初代のファンらしいのですが(FはCG凄いけど薄いな~とか言ってたから)、なぜかミンメイや未沙がアップ止めのシーンになると、その片方が毎っ回カップの氷をカラカラ鳴らすんです(怒)。なんだよー耳障りだよーと思ってたんですけど、“キャラ萌えしてたあの頃”でも思い出し照れくさかったんですかね、もしかしてw

◆昔ではありえなかった心境
思いがけずミンメイと輝の展望台のシーンにぐっと来てしまったね。歳をとり、『泣いている人を見るとかわいそう』という装置が備わってしまったようだ。それで自分はミンメイのことも好きなのかな~って勘違いしそうになる・・・いや、「愛・おぼ」に限ってはミンメイいい子だと思う・・・でもやっぱりカイフン兄さんにしなだれすぎ・・・(どっちなんだ)



――まだまだ書きたい事があるのですが・・・続きはまた後日w
なんだか、とっちらかっててすみませんw

なにより、他の方のすばらしいレポが、楽しみですね(ずうずうしく期待を込めてv)
[PR]
by peppermint_y | 2010-06-14 01:06 | comic