録りだめてた「探検バクモン」を観て、急に読みたくなって候。

e0048868_23473569.jpg


まずは何巻まで出てるんだろうと調べてたらセレクト本が出版されているの知りました。

More
[PR]
by peppermint_y | 2013-06-03 12:00 | comic | Comments(2)

e0048868_19124100.jpg


うー、松の内に間に合わなかったぜい・・ゼイゼイ

鐘の音で煩悩を振り払うまでもなく新しい年になってしまいました。
何をしていたかというと、このようなマンガを読んでいました。


昨年もご訪問いただいた方、ありがとうございました
☆☆☆☆今年もどうぞよろしくお願いします!☆☆☆☆


今年も、予約投稿で行きまーすっ!

他に何をしていたかというとオフ会やコミケにはしっかり参加☆
どっちがオンかオフかわからないって話です。

More
[PR]
by peppermint_y | 2012-01-23 12:00 | comic | Comments(2)

エントリーが1ヵ月近くあいてしまった~。

11月中旬~、夏休みならぬ秋休みをとりまして、ヨーロッパ方面へ行ってきました。
お久しぶりに保護者・添乗員付きのガチガチツアーでしたが、寝れてば目的に着くという(笑)、楽といえば楽ですねー。
参加のみなさまが熟れたお年頃だったせいで“若い子扱い”されて^^;、普段のひねくれスルメもアドリア海にふやけて伏し浮き状態~v

旅行ログはまたいつかと思っていますが(需要アリ!?)、前回のログに載せましたが、珍しいジャンルの漫画を読みました、『オッス!トン子ちゃん』、どぇす!



e0048868_21271841.jpg



(注)以下、ネタバレありです。

More
[PR]
by peppermint_y | 2010-12-02 12:00 | comic | Comments(4)

ひさびさのパソコン触~

久しぶりにマイPCを開きました。

このところ焦る気にもならないほどの激務、株とは逆に疲れはピークを更新↑↑
もうダメかも・・・なんて思ってたら、な、なんと異動~☆
忙しくない部署らしいけど・・・まあ、期待すると・・・どうなるかお楽しみということで!

風呂に入って寝るだけの日々。。。ベットに横たわればほぼ気絶状態、でしたが、頭が固くなりすぎて眠れないことも。


そんな時はマンガでも読むかね・・・と手元にあったのがこの「Z(ツェット)
いわずとも知れた大ヒット少女マンガ、「エロイカに愛をこめて」からスピンオフされた作品です。


「エロイカ~」は読んだことが無いんですけど、夏に古本市でこのイラスト集を見かけ、ながめてみました。それが頭に残ってて、100円だったし、読んでみるか~っと。

すっかり読んでしまったあとだけど、久しぶりに読み返しに耐える面白い作品でした。
もはや新作でも話題作でもありませんけど、そういう作品に偶然出会えると小説でも音楽でもうれしいものです001.gif

西ドイツNATOの新米情報部員、コードネーム「Z」が主人公。
この主人公が月並みに言って、母性本能をくすぐるキャラ、なんですねー。女性がほっときませんよ。
スパイものだけあってストーリーもよくできています。

この文庫版に収録されている「Z・Ⅴ」は英国空軍基地を舞台にしたお話。で、日ごろワサワサ言ってる「マクロス」とも少しつながるところがありました。
いつもすっとばしてる用語も『こういう意味だったか…』なんてね。


少し甘めの主人公もね・・・そりゃもちろんスパイの「Z」の方が多少理性的ですけどね!







e0048868_042395.jpg














作者の青池先生はロック・ミュージシャン好きなんでしょうか?キャラの表情に彷彿されるものも・・・
[PR]
by peppermint_y | 2008-10-13 17:00 | comic | Comments(4)

久しぶりにかかさず観たくなった連ドラ、「結婚できない男」の放送から2年。
キャラクターが個性的で配役もぴったり、毎回”お一人さま”エピソードが笑えました。
そして主演の阿部さんも“結婚できた男”になり(笑)
DVDでも観たし、すっかりハマった作品です。続編、見たし☆

さて、へんくつ主人公の気になる女性達、病院勤務の夏美と隣人みちるの二人の独身女性がマンガ喫茶に行くシーンがたびたびありました。
ここでの女同士の会話も面白いのですが、お医者様とお気楽OLが読んでいるマンガ、その違いにキャラ設定がよく出来ており、夏美は「ブラックジャック」「火の鳥」「ゴルゴ13」「2001夜物語」などのマジメでユニセックス(というより男性向?)なもの、一方みちるは「王家の紋章」「天は赤い河のほとり」など歴史ラブロマンスものでした。

その中で夏美の読んでいた「コーヒーもう一杯」という全くタイトルも知らなかったマンガが気になりまして。なんかコアなマンガなんだろうと。
アマゾンで調べ、解説を読むとますます気になる・・・という割には、最近になってやっと読むことになったんですけどね。

どんなマンガか?

いやあ、読んでみて下さい、というのが一番でしょうか。

ーーーって、これじゃーー、感想にならないんですけど。

連作形式なんですが、それぞれの話が心のどっか弱いところを刺激する感じ・・・。
そしてよりいっそう響く作品は人それぞれに違うと感じ。
とっつきにくいかというとそうでない。
だけど、なんというかなー、当たり前にあるマンガではないんです。
人間関係の、面白さや楽しさや空しさや哀しさや。
そして、人生捨てたもんじゃないっ、という。

今、満ち足りている人は読む必要がないでしょう。

タイトルはボブ・ディランの曲から取っているそうです。タイトルどおり、毎回コーヒーにまつわるエピソードが出てきます。
ある話で「コーヒー豆は銘柄が問題でなく、焙煎が重要なんだ」というセリフが出てきます。コーヒーを例えにして、人間もどう生きていくかが・・・ってことかな。

絵柄は下の表紙をご参照。いわゆる”マンガ”です。イラスト風であり、ペンで陰影をつけていて、すごく独特な絵です。
好き嫌いが分かれると思いますが、主人公達のまん丸目を見ていると愛らしく思えてきて。

車を止めて誰かを待っている時、会社をずる休みにしちゃってゴロゴロしてる時にぴったりかも(イメージ)。もちろん、コーヒー・ブレイクにも合います。

読んだあと、誰かにコーヒーを淹れてあげたくなりました。





e0048868_2162968.jpg

[PR]
by peppermint_y | 2008-07-21 17:00 | comic | Comments(0)