<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

これまた久しぶりのTVシリーズの鑑賞です。これで3分の1が終了です。

12話までのマクロスは敵の罠によって宇宙に飛び出しなかなか地球へ帰還が出来ないものの、キャラクターの他愛なさとかにけっこう笑わせてもらいました。

今回は輝・未沙・マックス・柿崎の活躍する、本編中1,2くらいで好きなエピソードです。

・・・さて、この先「マクロス」は地球に還れる?


☆これからDVD鑑賞しようと思っている方はネタバレ注意

****************************


第11話 ファーストコンタクト


偵察機の未沙と援護した輝・マックス・柿崎はブリタイと格闘するも、捕虜となってしまう。ゼントラーディ軍はこのマイクローンが自分たちと違う力をさぐるため尋問を繰り返す。男女の愛が理解できないとボドルザーがキスを強要し、未沙と輝がいやいやながらやってみせた。すると、ボドルザーをはじめゼントラーディ軍の面々は大きな動揺を見せた。
マクロスではフォッカーがミンメイに輝が行方不明になったと告げる。ミンメイは動揺を隠せないが一方でミンメイはデビュー曲「私の彼はパイロット」で華々しく夢に見た歌手デビューを果たした。


                            
                     

この回は有名な「紙芝居」の回。。。再放送の際に直したそうですが、カクカク映像の名残は少しありました。本放送の惨劇は見ていないため、このへんでやめておきましょう(^^);
さて、引き続き、ブリタイの作りに引き続きオドロク。真空中でも死なないバケモノ。
『出来が違う』と違いのわかる男ならぬ『違う男』を自負し、製造されたものと疑いがない。祖先が女性から生まれたと知ったときグレるんではないでしょうか。。。
ここで、マクロス放送開始初めてのキスシーン!そして輝&未沙の初キスです。。なんだかんだ言っても”シャ”がかかり、ムードアップ・・・。
と、その前に・・・ブリタイに掴まれ、未沙がうめくシーン。ここでもなぜか”シャ”がかかって、サービスショットなのかなあ、と疑ってしまう。大人になると見方がいやらしくなってしまいますね!(わ、私だけ?///)
同様に、フォッカーがミンメイを訪ねるところ。ミンメイの肩に手をかけ、次にその友達に同様に。フォッカー触りたいのっ。。。なんて。。。

・・・フォールド航行は、海外旅行に便利だなー。翻訳機は地球語、全て対応OK?これまた海外旅行に便利だなー。





第12話 ビッグ・エスケープ


捕虜の輝たちはキスの反応の隙に脱出を試みようとした。食事の際に再び輝と未沙が口づけると、敵は作戦通り驚きの声を上げた。実は助けに来たマックスでだった。
4人は脱出に全力した。マックスたちと離ればなれになってしまった未沙と輝は冷却水に落ちてしまう。意識を取り戻した輝の前はに濡れ髪の美しい未沙の姿が。つかの間、互いの身の上話をする。
一方で、ゼントラーディ軍はエースパイロット、ミリアの手によりマクロスに密偵を送り込もうとしていた。逃げ延びた4人は合流することでき、敵のポッドを奪取し、再びのフォールドでマクロスが近くにいることを知った。未沙は涙を流しながらマクロスに援護の無線を送るのだった。


                          ☆



まずタイトルが好きです。なんか冒険ヤロウな感じで。。。
この回は脱出を目指し駆け抜けるシーンとつかの間の会話。バランスいい回ですね。


そんな中での突っ込みドコロ!


その1
未沙: 『いくわよ。』
輝: 『そっちこそ!』
そしてきすぅ~。
対決前のような未沙と輝の会話に笑ってしまいました。


その2
セントラーディ軍の「ちりとりとほうき」。
惑星ひとつあっという間に滅ぼせる。なーんて言ってて、お掃除はこんなに原始的。。。驚異の科学力で掃除機ぐらい作ったらどうでしょう?


その3
輝、ゼントラーディの巨人に蹴られる!・・・あんな巨人に蹴られたら絶対死ぬと思う。


その4
輝: 『(ミンメイを)恋人と思いたいんですけどね。』
今の状況で思っていたら間違いなくストーカー。見栄は不徳。とどまって正解。


その5
ミリアに機体をめくられ損傷してもなにも反応しないマクロス。


それからそれから、女性の美しさが目立った回でもありました。
何度も言っていますが、髪のほぐれた未沙がいい。

輝:『(彼氏が)できますよ。今ぐらい女らしくしていれば。』

とカメラが未沙を下からなめる。これって輝視線なの??
今までのことは水に流し(笑)、このあたりの会話で、まずは二人に友情が芽生えた感じがします。敵艦ポットの会話も夫婦漫才みたいでいい感じ!

そして、ゼントラ娘のミリア、やること大雑把だけど、めちゃくちゃキレイですね。マクロスに捕虜を送って飛び去るシーンがかっこいい。

最後はこの言葉で。

未沙: 『宇宙は戦いに満ち溢れ、闘いあるこそ命がある』

・・・この世界でもこんな風快感を得ている人間っているんじゃないのかな。資源と体力の無駄遣いはやめましょう~。
[PR]
by peppermint_y | 2007-08-26 17:00 | comic | Comments(4)
とうとう最終回を迎えました。(注:DVD鑑賞です)

都会で働くことになったカトリは、念願の学び舎にも通いだし、お母さんとの再会することもできました。
最終回でカトリはやっと一般的な子供と同じ境遇に並びました。カトリは今後もサクセスストーリーを続けていくことでしょうv
最後によぎった感想を留めておこうと思いますv


◆どんな作品だった?◆

1話目で母との別れ、最終回に再会が用意されていますが、物語が進めばカトリが世の中へ出るアプローチでしかないと一目瞭然です。
奉公の先々で『小さな女の子』の予想以上の献身ぶりに、カトリは徐々に認められていきます。特に癇癪もちのイーネスがカトリを認めるくだりは感動的!
カトリを見守る心境でこなすごとに、やった!と嬉しくなるも、カトリにおしえられる事、しばしば。カトリ、大人だなあ~と感心させられる自分がいたりして。
そんなカトリを通じ、どんな境遇でも、ポジティブに努力と知恵を惜しまなければ、夢に近づけるよ、と。
また女性の自立というかフェミニズムってほどじゃないけど、80年代、女性が本当の意味で活躍しはじめた時代、女の子へエールを送る作品なのでは、と思います。
カトリの周りにはソフィア先生やエミリアさんという職業を持った女性がたくさん出てきます。ロッタ奥様だって箱入りお嬢様でありながら、ハンドメイド刺繍を”貿易”しています。

その反面、母性を感じるウッラ夫人のような女性も出てきます。家事が得意で、子供を愛し、「女性の幸せ」を表すようなキャラクター。『お屋敷の奥様になるのがカトリの幸せよ』と含みますが、カトリのような好奇心と知性溢れる女の子は今はとりあえずその考えに収まることは出来ないようです。

そしてカトリの周辺の男の子たち・・・悪く思わないで下さい・・・マルティやペッカはこの80年代に生まれた言葉、アッシーくんやメッシーくんを思わせるところがありました(笑)。
女の子が仕事をしながら、いきいきと過ごすためには、サポートしてくれる男の子は必要かも(笑。この感想、誤解を受けそうですが、あくまで世界名作劇場のマジメな作品です、はい。)

と、こんな気分だったのかな~この時代。。。日常的な忍耐に、現代の女の子の軽快さも取り入れた感じかな。
とはいえ、がっつりしてるわけでなく、どのキャラクターの作り方がとっても自然。絵の方も嫌味がなくてトゥーマッチしてました。


◆三角関係は?◆

カトリをめぐる男の子たち。見る気をマンマンに高めてくれた”三角関係”はいかに?!

上京したトゥルクで、レオ↓という男の子が登場。e0048868_21151122.jpg

クラウスが見つからなくてカトリが困っているとき、捜索を手伝ってあげたのでした。
その性格と容姿の良さげに、『えー、ここにきて本命登場なわけ?!』と一瞬慌てましたが、実はカトリをどこかの国の王女様と勘違いしているアホなのでした。。。彼もカトリにひとめぼれのようです。



そうなると中学生になったマルティの頼もしさが際立ちます。
この子はこうやって一生カトリをあたたかく見守っていくんだろうなー。
e0048868_2114920.jpg

e0048868_21144541.jpg




・・・早く大きくなってプロポーズでもなんでもしてくれー!



驚いたことに最後の最後でペッカが登場!
マルティにはない、ペッカとカトリの場面には、せつなさを感じるところがありました。それは、ペッカがカトリに恋をしているという感情がはっきりしているからではないでしょうか。
その場面で二人はこんな会話を交わしています。

『カトリは結局都会の人になってしまうんだなあ。』
『そんなことないわ。私はきっと学校を卒業したらこっちへ戻って来るわ、そんな気がする。』
『いや、カトリは戻らないと思う。』


カトリは学費と謙遜で進学は出来ないかもしれないと思っており、ペッカはカトリを田舎暮らしで終わる人じゃないと十分に判っていて(そしてとうにあきらめ)・・・という感じかなあ。  
最後にナレーションで、カトリが将来なんの職業に就いたか言ってるんですが、それはどこでもやれる職業。二人の言うことはあながちどちらも外れていないのかもしれません。・・・ペッカの元へは戻らないという意味ではね。(ごめん、ペッカ・・・マルティ派より)

・・・ティーンエイジャーになって3人がどんな恋をするのか、見てみたいですねⅴ


◆100年前のフィンランド◆

物語の後半でヘルシンキという都会にカトリが訪れます。ここまでもんのすごーく昔の話という気分で見ていたのですが、カトリの生まれた村が発展途上なだけであって、電気も車もある街の様子に現代的だわ、と驚きます。それはトゥルクも同じ。
カトリの住むトゥルクは現在フィンランド第3の都市、そして昔と変わらずの港町。ロッタのお父さんが船会社に関係しているのもうなずけます。


◆おわりに・・・v◆

放映当時、好きで結構見ていたつもりでしたが、すっかり忘れていて初見に近かった、恥ずかしながら。。。
こんな風に強烈な印象を残さないかわりに、話がスムーズに進み、主人公の境遇もあまり辛いものではないのでライトに見られる作品ではないでしょうか。文字通り、渡る世間に鬼はなし。
カトリやマルティというキャラクターが”そのままお手本”になるところもいいですね、反面教師とかではなく。
それから、私の場合、一部恋愛モードでも楽しめましたv(萌えっぷりは前の記事でv 制作側が意図してるのかどうかは別!)
カトリの前向きな姿勢に、思いやりのある少年達、そして正しい大人が描かれている佳作だと思います。



e0048868_2115276.jpg
☆カトリの入学が決まって歓ぶカトリとマルティ。




◆バンダイDVD牧場の少女カトリホームページ◆ ←他の名作劇場も楽しめます~
[PR]
by peppermint_y | 2007-08-12 17:00 | comic | Comments(4)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y