TVレビュー第二弾!簡単な”あらすじ”のあと、”感想”などをつづってます。
(あらすじは「マクロス・パーフェクトメモリー」で補足・参照)

☆これからご覧になろうとしている方はネタバレ注意

****************************



第5話 トランス・フォーメーション

艦内漂流から助け出され、ミンメイの所で居候する輝。店を再開させようとする前向きなミンメイと反対に輝は自分の愛機がスクラップ同然でがっかりする。そんな輝をフォッカーがいつまでもそれではいいのかと軍への入隊を勧める。
マクロスは敵の攻撃を受けて、主砲を打つためトランス・フォーメーションを余儀なくされる。落ち着いていた街は混乱し、輝の目の前で再びミンメイが危険にさらされた。破壊された街と店の安否を気遣うミンメイの言葉に輝は入隊を決意するのだった。

                             *

・・・トランス・フォーメーションで艦内はいちいち破壊。本当に世話のやける戦艦です。
この回はある意味、印象に残るセリフが多かったです。。。

『二週間近くも男の子と一緒で大変だったね』(by 街の人?)
・・・ってそれは輝だ(笑)。

『単なるお友達』(by ミンメイ)
この何気ない一言はこの先の二人の関係を象徴するキーワード。輝、ショックだろうけど早々に5話で聞いといて良かったと思うよ。

『どんなことがあっても生き延びている』(by フォッカー)
ゴキブリのような。さすがは先輩、輝のしぶとい生命力を予言してます(笑)。

『女の子って一日でガラッと変われるものなんですか?』(by 輝)
お答えします。変われるよ!(笑)

『マイクローンの住む星には手を出すな』(by エキセドル)
と言いつつ、かまいまくりのどこかの国のよう、なゼントラーディ軍。

『あなたは夢を持ってる?』(by ミンメイ)
和民の社長と気が合いそう!



第6話 ダイタロス・アタック

厳しい訓練の日々、初めての休日にショッピングを楽しむ輝とミンメイ。その寄った先の下着売り場で遭遇する未沙と輝。フォッカーを仲介に初めて名乗り合ったかと思えば嫌味を言い合う。
輝は初めての出撃を前にミンメイを呼び出すが、何も言えずただ写真を撮ろうという。
マクロスはフォールドシステムが消滅した後のエネルギーを使い、ピンポイント・バリアを開発。グローバルは第5惑星を出た直後、奇襲作戦に出るが、窮地に立たされる。主砲も使えないマクロスは未沙の発案でバリアを集中させたダイタロス・アタックで反撃、敵艦は消滅する。

                             *

軍人が買い物袋持ったらかっこ悪いから自分で持つというミンメイに「どうせね、俺なんてね」と言いながらも荷物を持ち続ける輝。男の子にこんな風にされたらすっごく嬉しい!
とことんリサイクル好きなマクロス首脳陣。安直なシステムがハイ、また出来上がり。
謎の演出が気になりました・・・・奇襲を決意した艦長が扉にぶつかる妙。ミンメイの身振り手振りの大げさなミュージカル風の妙。
唯一、未沙の「ダイタロス・アタック・・・!」のセリフは抑えてて◎。
突き刺したダイタロス艦から出てきた並んだバトロイド一瞬びっくりドッキリメカかと思いました(笑)。このダイタロス・アタックって侍魂が感じらませんか。シャミーに続けと私もファンになりそう~。




第7話 バイバイ・マルス

連日の出撃に疲れていた輝はミンメイに会い、彼女の誕生会の招待状を受け取る。
マクロスも度重なる敵の攻撃の末、地球への進路から離れていった。そこへ閉鎖されているはずの火星基地からデータ発信をキャッチする。未沙は密かに思い出に浸っていた。初恋の人、ライバーの赴任先であり、帰途の際、彼は命を落としたのだ。マクロスは確認と物資補給に火星へ着陸する。が、それはゼントラーディ軍、見方殺しのカムジンの罠だった。身動きがとれなくなったマクロスは基地の反応炉を爆破することで脱出しようと試みる。未沙は基地の破壊を自らの手で下そう決意したあと、ライバーの部屋を見つけ感傷的になってしまう。泣き叫ぶ未沙を間一髪のところで輝が救助し、マクロスも開放された。
                            
                             *

ついにカムジン・クラウシア登場!飲酒(宇宙人もお酒を飲むのね)、乱闘、全員死傷、の問題児。紫のオカッパ頭、エスプリ効いてますね~。
いつも思うが、ライバーはアードレー家(名作キャンディ☆キャンディに出てくる名家)のご子息にいそうな人だ。そしてこの回想場面自体、由緒正しき少女マンガの世界そのもの!
基地に降りたいという未沙の気持を察知してすぐにフォローを申し出るクローディア。初恋話してたんでしょうか?基地での未沙、宇宙服姿と動作がみょうに女らしい・・・。その後、初恋に思いっきり妄想トリップする未沙。もうそこにライバーはいないのに・・・。
爆風から守るためバトロイドの手でそっと包み込むの、バルキリーから火星を見る未沙を見守るの、そんな輝に存在感を感じ始めるのはもう少し先のこと。




第8話 ロンゲスト・バースデー

人命救助が認められ、昇進した輝に二名の部下が与えられた。柿崎とマックス。ミンメイに見せ付けるためバースデー・パーティに部下二人を連れて行く。娘々ではミンメイが紫のチャイナ服を着て主役になりきっていた。その際中、召集がかかり軍人達は戦闘へ。パーティは中断されてしまった。カムジン部隊との実戦に、柿崎は先走り、マックスは天才的な腕前を見せ、輝は気疲れをしてしまう。戦闘から戻った輝はミンメイへのプレゼントを買いに走るが店は閉まっていた。部屋の下の輝にミンメイが気づき、輝は思わずポケットの勲章をプレゼントだと言い投げ渡した。ミンメイは喜び、輝はその笑顔が勲章をもらったことより嬉しく思った。

                             *

部下に対しての、よろしく~♪が軽いっ!輝!”イイトコロ(=風俗?!)”って柿崎君見た見た目通りの行動すぎる(笑)。
命令されるだけの方が気楽だった、と本音を洩らす輝。日常社会でもこんな嘆きを聞いたり、同感したり、です。
ひかっちゃん!を連呼するは町会長さん♪(ちょっとファン)再び登場♪
いきなりプレゼントを要求するミンメイ。もはや“ビッチ”の片鱗が・・・。
やくざなカムジン~。そして輝、めずらしく主役らしいカムジンの一騎打ち!はたして?!と思いきや、ブリタイの超音波?で蜂の子みたいに帰還していったカムジン部隊でした。





e0048868_1585345.jpg

[PR]
by peppermint_y | 2007-04-17 17:00 | anime | Comments(2)

マクロス、25執念?!

ひさびさに時間があったので翌日付でマクロスTVシリーズのレビューを超ひさびさアップします(^^;)。

そんなマクロスも今年25周年だとか。(ファンだけど、数字に弱いヒト。)
いや~、年をとるはずです。色々とツッコミどころのある作品ですが、しかも他にもっと力のあった作品は沢山あっただろうに、関連シリーズが作られ、そして今でも執着するファンがしっかりいて(自分。なんてエラそ=)と思います。

25周年、これからどんな展開があるのかな?と単純に楽しみです。
公式HPもリンクしなければ♪






e0048868_1374844.jpg似てないけど、ホワイトデーにアップしようと描いたお二人です。だから見つめ合ってるんです。。。そしてまた裏紙に描いちゃった。。。
[PR]
by peppermint_y | 2007-04-16 17:00 | anime | Comments(6)