<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界ウルルン人形アニメ

前回の「世界ウルルン滞在記」では阿部サダヲさんがチェコのプラハに訪れ、人形アニメを作りました。
人形アニメ・・・作品は無知ですが、クレイ(=粘土)アニメなら、アカデミー賞をとった「ウォレスとグルミット」、言わずとも知れた「ピングー」、これは作品じゃないけど、好きだったのがヤクルトミルミルのCM。目が釘付けなりました!
クレイアニメって製作過程を想像するとなんだか夢中で見てしまいます。
好きなのは「ピングー」!対象年齢層が低く設定してあるのでしょう、キャラクターのやることが単純で幼くて、それだけに愛らしさがグッときます。背景は凝っていないけど逆にひんやりした空気感が伝わってきて・・・。
なんでも一般の人の間でもクレイアニメ作成がひそかなブーム???だとか?

さて、阿部さんが作った1分間の人形アニメ作品に、山瀬まみが「感動した」って言ってましたが私もです。
しかもウルルンって何かにチャレンジしても残念ながらやっつけみたいな結果が多いのに、ひとつの作品として完成してました。。。
先シーズン放送のドラマ「誰よりもママを愛す」を家族で見ながら『ビンコさんのおしり可愛いね~』と芸達者振りを楽しませてくれた阿部サダヲさん。
役者をやってるから上手い、のかもしれないけど、ほんの1分間の作品でもアイデアやキャラクター作りを時間の無いところ、しかも旅先での発想に感動してしまいました。

去年訪れたプラハの町並みも懐かしく、モルダウの流れが私を遠い目にさせていたことでしょう。


そのお話・・・peppermintが勝手に解釈の・・・
『オリーブおじさんの釣り』(仮題)

オリーブおじさんが釣りをしようとしています。
そのかたわらで“いす”がかわいい犬のように舌をたらしています。
オリーブおじさんは池に釣り糸を投げ入れました。しかしなかなか釣れません。
しばらく待つと池の中でうきが動きだしました。
釣れたかと、えいっと”さお”をひくと・・・・なんと長ぐつです!
残念そうなオリーブおじさん。
しかし”いす”がなにやらものほしげに舌を出しています。
そうだ、とオリーブおじさんは思いつき、”いす”に”長ぐつのぼうしをかぶせてあげました。
すると・・・なんと、ひっくり返した長ぐつの中からお魚が出てきました。
オリーブおじさんは大変よろこびました。いすもよろこびました。

ちゃんちゃん、『ありがとうございました~』   
             
                ↑
              唯一のセリフ
☆完成作品には阿部さんの口擬音しかついていません。
[PR]
by peppermint_y | 2006-12-19 17:00 | comic | Comments(0)
キムタク主演作が公開されるということでTVで露出が多いですね。
そういえば前回?の主演作、TV放映時に初めて観た「ハウルの動く城」。
ハウルはジブリ作品で初めての美形キャラといわれているそうで、かっこいい俳優さんが声優をやるというのは意外とぴったり来なかったりするもんだけど、あのハウルの風貌はキムタクがやらずして誰がやるという感じで。

「ハウル動く城」の本編はというと、
冒頭・・・ザ・長女体質のソフィー登場。
共感しやすい、自分に自信がないという女の子キャラ。
しかしナンパされる位“本当は可愛い”という典型的なヒロイン。

『知ってる?動く城のハウルは若い女の子の心臓を奪うんだってよ』

これ、比喩でしょ。それだけ魅力的でとりこになってしまうという意味なんでしょ。そうでしょ。
高まる期待!

そして、ハウル登場。

・・・ハウルってなんだか・・・ホストみたい。
肩にかけた上着といい、ひらひらしたシャツといい、その風貌が。
キムタクもホストのコントやってるし。

しかし、このジブリ始まっての軽薄な主人公が新鮮&効果的でいい!
男前と軽薄をまとった風貌だけど実は人助けというギャップがね。
憧れの象徴のような男の子と平凡な女の子という身分違いの恋は間違いなく盛りあがるんですよね。

ソフィーを助け、手を取っての空中散歩(本当は逃亡中)。
ありふれているけど、すっごくいい感じの予感がします!
駿さん初の思いっきしの恋愛作にオーバードースできるかと。

・・と、ここまではそう思っていました。

そして見終わったあと、『よし、もう一度観よう』ってすぐに思った。
そこまで面白かった?そういう場面もありました。しかし。

分からないことが多すぎたんです。

ソフィーの魔法をかけられた後ぐらいから、なんで?どうして?なぜなぜ?ポルケ?の連続だった。
なぜソフィーが山に向かうのか、マルクルとハウルをつなぐものはなんなのか、世界違うドアが4つなのか、カルシファとの契約って結局なに?とかなぜハウルの心臓だったのかとか。
分からないだらけで私って感性が鈍いのかも、ってがっかりしたけど、ハウルムックを立ち読みしたら感性豊かなマンガ家さんなどもそう思ってたみたいですね、よかった。(なにが?)
原作が読んでる人が、判からなのが判らないで作っちゃったんでしょうか?
脇役の役割も役目も80%って感じだし、なんでハウルが戦争に関心を示すのかとか戦争という設定自体もどうなんだろうと。

逆に自分の頭で補完し、意味判ったもんね的にひとりホクホクしていることがらも多い。でもこんな楽しみ方でいいんでしょうか~。

個人的には主役2人の第一印象が良かっただけに、なんかすごく惜しい思いです。

それにしてもハウル放送の、翌週放送の「となりのトトロ」。
なんと単純明快で面白いことよ。
千と千尋のアカデミー賞も素晴らしいことだろうと思うけど、ジブリが作った子供から大人までくったくなく楽しめる新作をひさびさに観たくありませんか。
[PR]
by peppermint_y | 2006-12-01 17:00 | comic | Comments(6)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y