macross個人的創作話 「HAVE FUN HALLOWEEN NIGHT?!」


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
こちらはリンク先、萌えおぼのゆば様宅に
差し上げたものを書庫化したものです。

素敵なイラストを堪能できますので、
ぜひそちらで読んでいただくことをオススメします☆

本編からはかなり離れたストーリーということで
キャラクターの壊滅度は・・・お許しくださいネ。
 (石、投げないで~)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





<HAVE FUN HALLOWEEN NIGHT?!>





「みんなよくやるよなあ・・・」
「一条大尉こそ、それ東急ハンズってレベルじゃないっしょ!」

今日は宇宙軍のハロウィン・パーティー♪
なぜ軍でいったいどうしてこんなこと、と疑問をお持ちでしょうが、所属のヤンキー者が提案したとかうんぬん(ま、ヤラセですv)。

開催を知らせてきた未沙は、「子供のころが懐かしいーv」とやけに嬉しそうだった。
まさか幼なじみのドイツ男との思い出に浸ってるんじゃないだろーな・・・。

無頓着なオレも最近部下になったアンソニーにそそのかされて衣装を選んだ。ハリウッド仕込みの衣装には目移りして、オレは次々と、かかし、スパイダーマンにキン肉マン、羞恥心、ラミレス、大西ライオン、バカ殿、せんとくん、ダイバスターのリュウジ・・・などなど試着した結果、結局、悪魔かドラキュラかといったスタンダードなものにした。

意外と似合うんで、その気になった♪

大好きな「王将」の餃子も我慢だ。ドラキュラもどきがニンニク臭じゃ説得力ないもんな。


――ねえ、未沙はどうするの?と訊けば、当日まで内緒だという。
もったいつけてとばかりに、お姫様?看護婦さん?婦人警官?バニーガール?バドガール?!スクール水着!ラムちゃん!!・・・・さや当てがいつしかオレのリクエスト大会になっていた。

そんなバカを言っても未沙は案外面白がって笑ってたから。

――じゃ、セーラームーン!クリーミーマミ!ピカチュウ☆

オレはすっかり調子に乗っていたらしい。
オレのどこかが狂っていた。

気づけば口から某アニメのエポック的アイドルキャラの金字塔の名が垂れ流されていた!

――違う!ミンメイのことはもうなんとも思っていないよ!ホラ、こないだ彼女の人形が発売されたじゃない、あのCMが大量オンエアーされてたから・・・知らない?ホラホラ、チャイナ服を着た――え?生身に興味あるでしょ?そりゃあまあ・・・いや、キミの誤解・・・!あくまで“美樹本キャラ”としてしか意識してないよ。しかもチャイナドレスが好きってわけじゃなくて、アオザイだってサリーだってみんな好きなんだ。

そうだよ、未沙が着るならなんでもいい!
(着てないのが一番だったりする!)

元祖ツンデレキャラのミサたんと!

コスプレ萌え萌えジャンケンしたいだけなんだ・・・!!



「どういうこと・・・モエモエじゃんけんってなに?!!」



――あれから未沙は口をきいてくれない。電話をしてもムッシングだ。

こんな悲惨な状態でパーティー当日を迎えてしまった。
互いのコスプレ姿に燃え、夜通しハッピーになるはずだったのに。

ま、ミンメイはまずかったなあ・・・オレ自身が祟られてるとしか思えない。
このままフラれたら・・・おれは十字架抱いて死ぬしかない(本気じゃないなこの男)


              ※


パーティーは大騒ぎ☆

ちなみに他のキャストのコスプレは、シャミーはメイド服、キムは「鬼太郎」のねこ娘、ヴァネッサはなんとサザエさんだった(笑)>妙に前掛けが似合う。
そして、クローディアさんはドロンジョ様だった。やるなあ~、意外とハイテンションだ。
あのグローバル艦長は「パイレーツオブカリビアン」のタコ船長・・・ピッタリだけどどんだけ、な趣味。

オレも衣装が好評だったりして案外気分が良・・・あっ、未沙、だ。
いつもの群れに未沙の姿を見つけた。

声かけるチャンスだけど・・・あの面々に出向くのはちょっとキツイ ><;

彼女は柔らかそうな水色のドレスを着て、頭に触角をつけている。
“妖精”のつもりらしい。

いつもは鬼士官のくせにっ。

と、つぶやきながらも、周りの奇抜さが引き立ててその美しさが際立つ。
口惜しいけど、やっぱり未沙だな。

――そうだよ、悪魔もドラキュラも、美女しか襲わないんだった――


どうせ今日ははなっから悪者、そう思ったら開き直れる気がしてきた。
やぶれかぶれの夜、今夜中にブリッジの女王様をひざまずかせるんだ!

意を決し、輪に乗り込む・・・!


「いや~~みなさんおそろいのところ失礼します・・・」

>>>う、薄っぺい声をかけてしてしまった。うっ。

「あっ、噂の一条大尉だわ!逝ってらっしゃいませ!」
「コラー、ヒカル!父さん帰ってきたら叱ってもらうわよ!」
「ニャーオ!チャイナ・タウンにでも出没したら?」
「そうよ、ひっかいちゃいましょうか?でも彼女、銀河系ツアー中だけど!」

女の団結力はすごい。そして女はにわかに女優だ。

肝心の未沙といえば奥で黙ったまま見向きもしない。
鼻にもかけないそぶりでパンチを飲み干した。

でも、ここで引き返えせばさらにバカにされることは必至・・・。

「ミサたん、いや、早瀬少佐・・・ちょっと話をしたいんだけど・・・」

ちょいちょい、と手招きしてみた。
が、未沙はさらにフンッと言わんばかりにそっぽをむいた。

まあ、なんだ、意地っ張りの彼女がひょこひょこついて来るはずがない。

ここは実力行使で奪取するしか・・・!

「それ、デビル~?ドラキュラあ~?・・・でも虫歯ってカンジ!」
「中華娘の血が好きらしいわよ」
「スカポンタンはトマトジュースでも飲んでなさい!」

かしまし女の言葉の刃でメッタ斬りにされた現場にさらに、突如、手のつけられないほど酔っ払った“タコ船長”が乱入!
日ごろのうさ晴らしか?ニョロニョロぬるりプレイ(?)のし放題!

「キャーッ!キモイ!グローーーーい!!」

ブリッジギャル達の悲鳴にまぎれて一旦退散・・・灰になる寸前だった!


             ※


精彩欠いてシャンパンをすすっていると『景気づけにガールハントでもしますか』と誘ったアンソニーにはソバカスだらけのいいコがデキてしまった。
もうミジメすぎてヤケ酒にもならない。今日はもう引き上げようか・・・

「未沙~、大丈夫?」
「うん、ちょっと飲みすぎたみたい・・・」

その声に振り返ると未沙がクローディアさんに介抱されていた。
けっこう飲んだみたいでフラフラしている。

「これもアホな大尉のせいよね~」「罪だわ~」

「クローディア、大丈夫。ひとりで行ける・・・」

もしや・・・未沙はひとりでトイレに向かうようだ。

“防壁”が無くなった。
情けねえけどヨシとばかりにしどけない足取りの背後を尾ける。

人気が無くなったところで、未沙!と腕をつかんだ。

「あっ、誰?・・・輝?!いやっ・・・離してよ!」

ユルい動きながらも未沙は手足をバタバタして抵抗する。

「浮気もの!変態!コスプレ好きのおたんこなす!」

・・・言いたいこと言うのが彼女の趣味らしいが、このさい戦闘モードは回避だ。

「言いわけばっかして、ここにはチャイナ服の女はいませんよーだ!」

―ホントにゴメン。いつもドジで情けないよ・・・(と、出来るだけ愁傷気味に言ってみる)

「まだ彼女のこと好きなんじゃないの?」

―だったら、こんなみっともないことするわけないだろう?(ヒサンな姿、見てたくせに=3)

「本当・・・?」

―ホントだよ(も、もう一息?!)

「う、うそつき!!」


(あ、下心読まれた(^^;)? )


しかしながら強気を言っても酔ってるせいかしなる未沙。
火照った胸元、抵抗する首筋が色っぽい・・・。

オレの妄想力が爆発する・・・もうメンドクセー!

そのカラダをダンスみたいに引き寄せて、理性を棄てたオレは言った。

「この水色のドレス着た人がいちばん好きなの!!」

焦点のあまい瞳・・・そんなんでもやっと彼女と目が合った――ったく世話が焼けるヒトだな。
(って誰のせい☆)

だからこその手に入れたときの歓喜 \(^o^)/ ←M男?


じわじわ柔和する未沙の表情・・・ついにその唇から、
「輝ぅ・・・」と甘えた声が発せられた。

オレはにやりと笑った。この時を待っていたんだ!

アゴを引き寄せ封印のキス。
行き先は誰も知らない塔の上・・・彼女を肩に乗せ、マントをひるがえした。


           ※


「こんな・・・ところで・・・?」

そうだよ、棺桶にタンデムさ。
魔法のスティック振ったって誰も助けちゃくれない。

いいかい、気の強い妖精さん。
好きでなきゃこんなに風にならないんだよ、ホラ。

「・・・エッチ・・・」

飢えた悪魔は甘いお菓子じゃ満足できない。
罪滅ぼしに、Trick or Treat!
宇宙で君を食べてしまおう。

計器に横たえる妖精のハダカは極上で、どこぞの牙でオレは襲いかかった。



そして――わが輩はこのうえない満足を果たした。
そのせいか手中の美女は血の気が失せたように眠っている。

いま、未沙をお姫様だっこして運ぶオレは然るべく王子様となった。


(これにはカボチャ大王も開いた口がふさがらない、とさ☆)




<おわり>
[PR]
by peppermint_y | 2008-10-29 17:00 | comic | Comments(0)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y