マクロス 愛・おぼ  ひとり語りあれこれ

この作品は不思議なもので、何年か一回は時空のポケットにすっぽり落ちるように無性に見たくなり、そのたびハマるのです。なんでかな。
今回のスリップは物置の掃除をしたら84年のアニメック9月号が出てきたのがきっかけ。少ないお小遣いなので、軽く立ち読みしてどれだけマクロスの記事が充実しているかを毎回チョイスしてアニメ雑誌を買っていました。
それらと遭遇しても盛り上がらないときは盛り上がらないけど、今回は胸を熱くしながら読み返し、そして盛り上がってないときに古物の地層から出てきたマクロス本をいくつか捨ててしまった事を後悔したのでした。
その矢先、アニメ夜話の放送が決まったとの事!驚きました。

マクロスを観るきっかけ
友達が持っていた「マクロス・ラブストーリー」(徳間書店アニメージュ文庫)の扉絵を見て、私の目に、すごくかわいくて、キレイで、完璧な絵に映りました。もちろん初代マクロスのキャラクターデザインの美樹本晴彦先生の絵です。これが美樹本先生の絵ではなかったら・・・きっとハマることはなかったでしょう。貸してもらって読んだら、「マクロス」なんていうタイトルから予想はしてたけど、ロボットメカ物ということがわかり、同時に、恋愛も書かれているという点で少女マンガは好きだったからぐいぐい引かれていきました。(メカについては女子は最初から猫に小判、というところです。)
その後、映画でさらに絵が美しくなり、話もまとめられてて一本のお気に入りの映画、となりました。

TVシリーズは
1982年10月~1983年6月全36話。毎日放送系で放映。
マクロスを知った頃はずでに放映は終わり、映画前後に日曜朝の再放送を観ていたような気がします。全部の回を見た事がないので詳しいことは控えますが、本筋は愛・おぼと変わりません。しかしストーリーが長いだけに主役の3人の性格は若干違うし、さまざまなキャラクターがもっとそれぞれ活躍しています。ストーリー全体像も「愛・おぼ」ではミンメイの歌をバックに宇宙決戦で終わっていますが、地球復興のストーリー、さらに主役3人の三角関係が再燃?しています。
それから有名ですがTVは絵が安定していないんですよね。板野さんの証言からもすさまじい現場だったようですが、キャラクターの顔も数話ごとに違かったりする。ミンメイはまだいいけど、未沙は大ブスの時、あります(泣)
・・・さてさて普通はTV版から映画へと語るんでしょうね。


映画の骨組み
映画はTV版を基にして監督の河森さんが構成されたもの。TV版の再構成とはいえ、○ンダムのように一切使い回しがされておらず、全体が新作となっています。

映画のエピソードに反映されたと思われる印象の主なTVの回は・・・

・輝と未沙の初対面。やはり口ケンカ (「ブービートラップ(TV第1話)」)  

・輝とミンメイ閉鎖空間で過ごす→デートシーン (「リン・ミンメイ」「ダイダロス・アタック」)

・4人がゼントラーディ軍に捕らえられる。TV版では輝、未沙、マックス、柿崎が捕らえられる。ミンメイやフォッカー、カイフンはいませんが、未沙と輝の”ファーストキス”は同様にこちらでなさいました。 (「ファースト・コンタクト」) 

・輝と未沙が脱出。場所がゼントラーディー軍艦内の閉鎖空間と荒れ果てた地球の違いがあるが二人きりの時間を過ごす。 (「ビック・エスケープ」・・・しかしこの「ビック・エスケープ」の未沙はアンダースーツに身を包み、ほっそりスタイル抜群、髪も濡れ長く垂らし、美しい。) 

・和平交渉+ゼントラーディ人のマイクローン化 (「メッセンジャー」)

・映画では場面としてはありませんが、マックスとミリアの結婚が成立。映画では迫力のメカ戦闘シーンで終わってますが、TVではミリアはそのあと雪辱を果たすため素手で戦ってます(笑) (「バージンロード」)

・ミンメイの歌を武器に戦闘するクライマックスのシーン。
映画では展望台で振られて自暴自棄気味のミンメイを諭す輝ですが、TVでは告白をし、逆に振られてしまいます。その後、破壊された地球に未沙を迎えにいき、二人抱き合いながらマクロス地球帰還を眺めるシーン。 (「愛は流れる(第27話)」)

28話以降は再構成の材料になっていないようですが、輝と未沙とミンメイの微妙な関係が投影されているような気がします。

・・・な、なんか語りのつもりが解説になってしまいました。それにしては知識不足ですみません。
[PR]
Commented by えみぽん at 2005-11-06 00:05 x
こんばんは。はじめまして。
検索していてたどり着き、興味深く読ませていただきました。
アニメ夜話、録画して1度見たのですが、うっかり消去してしまっていたので、ああ、そんなこと言ってたっけ・・・と思い出させていただいた次第です(^^)
劇場版とTV版の構成の対比、こうして纏めてもらうとわかりやすいですね。peppermint_y様は、劇場版とTV版どちらがお好きですか?
私はTV版が好きです♪・・・・ではでは。
Commented by peppermint at 2006-05-13 16:48 x
かなりお返事遅くなり失礼しました。
コメントありがとうございます!
実は、知識が浅いのに勢いで書いてしまった恥ずかしさに
このブログをしばらく放っておいたのです。
久々に開いてみたらコメント頂戴していて・・・。
そしてそしておどろくことに、その間、私は偶然えみぽんさんのHPを拝見しているんです。
(名前は違いますがコメントしてたりします えへ)
お花も好きなのでこれからも楽しませていただきますよ。

本当にありがとうございました♪
Commented by peppermint at 2006-05-13 16:50 x
あ、私は劇場版もTVも両方とも好きです。
未沙はTV版のほうが“リアル”な感じがするんですが、
いかがでしょうか?
Commented by じょでぃ at 2006-06-09 23:00 x
こちらにもお邪魔しま~す。
私も「愛・おぼ」は無性に見たくなる時があります。
絵がキレイだし。なんてったって、輝が未沙に対して
はっきり気持ちを伝える唯一のシーンがありますから
ね~。映画の未沙はTVよりも強い女性に見えてしま
いますね。
TVはどうしても輝と未沙のからみがある話しか
見てない・・・です(^^;)
Commented by peppermint at 2006-06-10 05:00 x
じょでぃさん◆こちらにもありがとうございま-す。うれしいです。
i私も「愛・おぼ」がマクロス初体験に近いものですから、鮮烈な印象があります。TVは観てない回もあるくらいで記憶にとぼしいんです。
「愛・おぼ」の輝のセリフ、いいですよね~。『こんな僕でよければ』・・・くぅ~。
みんなの性格づけもはっきりしていましたよね。じょでぃさんのおっしゃるとおり、絵のキレイさも感動しました。
時々思うんです、もう一回大きなスクリーンで観ることはできないかなって。
Commented by じょでぃ at 2006-06-12 12:00 x
>こんな僕でよければ
そう、そう、このセリフ。クサイけどイイんですよね~。
輝だからイイんですよ、もう(^^)
今見てもドキドキしちゃいますぅ。

Commented by peppermint at 2006-06-17 18:36 x
ほんっと、クッサー!ですよね!
でも子供ながらにこのセリフにじーんとしました。
今思うと戦争の物悲しい感じもしますね。

マクロスファンとしてこのクサさを匂っておきましょう(笑)。
by peppermint_y | 2005-09-12 17:00 | anime | Comments(7)