カルピス劇場「あらいぐまラスカル」を観る☆

夏の疲れがでている今日このごろです・・・。惰眠をむさぼって、よみがえったところです。

昨夜は飲み会がつまらなすぎて、なーんか消化不良。眠たい目を擦りながら、コンビニ寄り、これまた数ヶ月ぶりに「TSUTAYA」に寄りました。なーんか余計立派にさみしい人。

ブロードウェイのリメーク版「プロデューサーズ」、最近で唯一続けて観ていたドラマ「結婚できない男」。←これは人気商品なのだそう。3泊4日までと限られていた、意外!(”結婚できない女”では生ぐさくて観られません・・・といってもこの男とも同感と思うことが多々あり・・・。)
それから、「あらいぐまラスカル」を借りました。
次も宮崎晃さん脚本の作品が観たかったので、次はやっぱりこの作品にしました。

「世界名作劇場」・・・とひとくくりに呼んでしていましたが、放映時期によって提供企業が違い、作品によりビミョーに”かんむり”が違うんですね。
この「あらいぐまラスカル」は1977年放映(祝・30周年!)”カルピス劇場”。80年代の「牧場の少女カトリ」はただの”世界名作劇場”。このあとの「小公女セーラ」は”ハウス世界名作劇場”。

でも、子供はきっとこんなことは気づきもせず楽しむのですよね(^^;)

さてさて、「ラスカル」オープニングが始まり・・・瓶ジュースを飲み干す姿、時計をかむ姿・・・ぬおー、ラスカル可愛すぎる!!その姿に悩殺され、あたりまえの感想しか出てきません。
「ラスカル」は、ラスカルの愛らしい姿はいくつか思い出せても、ストーリーはまったく覚えていません。が、主題歌だけはとにかくはっきり覚えていて、五月晴れの爽やかさに包まれるような「ロックリバーへ」は出もしないハイトーンを思わず一緒に歌い上げてしまいます。冒頭の「ハイリハイリイヒハイリ~♪」(←私にはこうにしか聴こえない)って原語?が入るところも好き。

舞台はアメリカ、ウィスコンシン州。って恥ずかしながら、初めて聞きました///
主人公スターリング少年が遅刻して授業に入ると、先生がその他の生徒たちに私たちの住むところはここ、と教えています。ここで視聴者にもこの物語の舞台はこんなところですよ、ってお知らせしているわけですね。なるほどの演出。というほどでもないか。

スターリング・ノース少年は、大の動物好きの素直で機転の利く男の子。
そして親友から『自動車の音がしたから君だと思った』といわれるほど自動車が少ない時代、それを所有する裕福な家庭の子のようです。おばちゃん、安心して観られそう・・・。
ちょっとかわいそうなところは、お母さんが病気でミルウォーキーの病院で入院中とのこと。

そして、スターリングラスカルの出会い。
スターリングと親友オスカーの懇願空しく、ラスカルのお母さんが帽子にされるため(カントリー歌手が被ってそうな・・・あの後ろに尻尾がついているやつですね)猟師に殺されてしまいます。
早くも。。。自分でも安いなあ~と思いながら、号泣。
年取ってきてまず涙腺が壊れはじめたようです。

ラスカルはまだアメーバーみたいなやわやわな赤ちゃん。
固太り?なラスカルが観られるのはもう少し先です。
世界名作劇場中、癒され度NO.1を期待してVOL.2へ突入です。
[PR]
by peppermint_y | 2007-09-30 17:00 | comic | Comments(0)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y