超時空要塞マクロス TVシリーズレビュー(第9・10話)

久しぶりのマクロス鑑賞です。
最近ブームの名作劇場を観、マクロスを見ると、描き込みすごいなっと。線いっぱーい!!
さてさて、このTVシリーズのビデオVOL.3(4話分収録)は未沙と輝が互いに少しずつ歩み寄り始めるエピソードが続き、私としては見るのがとても楽しみな巻です。二人のキスシーンもありますしね。ムッフー。
ミンメイはアイドルへの階段を登っていきますし、今観ると、夢に向かう姿がうらやましく思えます。


                         ☆☆☆☆ネタバレ注意☆☆☆☆



第9話 ミス・マクロス


マクロス艦内で盛大にミス・マクロスコンテストが開催されることとなった。ミンメイの出場が決まり、輝は任務もそこそこにコンテストの様子が気になって仕方がない。画面に映るミンメイの姿に見とれている間に、敵の攻撃によって意識を失い、起きたときにはコンテストの女王はミンメイであった。

                          ☆
                       

ミンメイ活躍の時には主管スタッフが当たるようだ。絵がまともでそのほうがありがたいことはありがたいが・・・。
まず、この回、輝が社会人として許せないところは置いといて。
ミンメイが喫茶店で頼むアイリッシュってなんじゃろ。ミンメイのチャイナ服姿はこの回が個人的には一番可愛いと思う(色は紫)。水着のシリを直すサービスショットあり。
審査員の艦長はこの回もブリッジギャルに言われたい放題。
クローディアが未沙に「あなたが出たらよかったのに」と言っていた。マクロス・コンテストでは無理だが、ミス・ユニバースなら2位ぐらいは獲得できたかもしれない・・・。




第10話 ブラインド・ゲーム


マクロスは敵の攻撃が続き、小惑星にまみれるというアクシデントつづく。輝と未沙も相変わらずパネルを通してのケンカばかり。そんな中、マクロスは発信元不明のデータをキャッチしていた。未沙は輝たちを援護に偵察に向かうが偵察機ごと敵に捕らえられる。未沙を追ってゼントラーディ軍の艦内入った輝たちは脱出を試みるが・・・。                             
                       
                          ☆


『アンタもえらくなったもんね』・・・未沙を思わず姐さんと呼びたくなる。かと思えば、輝に『安全なところで指図しているだけ』と言われ、”めげちゃった”未沙。この変わりぶりが感情的で”女性士官”らしい。
しかしこの口ゲンカがエピソードを広げる複線になっています。
驚異はゼントラーディ人の生命力です。宇宙に放り出されても、どんだけ~☆
ゼントラーディ軍の戦艦って生物的に描かれているそうだが、トゲトゲがあってまるでサボテンみたい、と、思うとなんか可愛い。トゲに摑まって戻ってきたブリタイの姿は遊具で遊ぶ子供みたいでこっけいだった(笑)


次回、ある意味伝説的な回、「ファースト・コンタクト」の予告は未沙のアップが神秘的な雰囲気で良い。でもやっぱり他にカットがなかったからか・・・

[PR]
Commented by 理沙 at 2007-06-04 08:35 x
そろそろ、運命の分かれ道がやって来ましたね。(^^)/
>マクロスの女の子1番
自分の手元にあったはずの女の子が、一瞬で皆のものに。
少年、少女のそれぞれの道が始まる回です。
後に地球に戻った時、ミンメイのアルバムの存在がわかるわけですが、そのどれもがこれがきっかけで有名になる前のものばかり。
輝のミンメイへの思慕は、自分1人の女の子だった時の思い出で止まっているんですよね。
そこに、不器用な男の子の初恋を感じられて切ない~。
水着シーン→ああいう所がこの作品のとてもマニアックな所です。当時まだ言葉としては定着していなかったオタク的な意志を感じさせます。
未沙の美しさは、火星での宇宙服で証明済み♪
>捕虜確保ゲーム
マイクローン達を調べる為、様々な罠を仕掛けられてしまう回です。輝の一言で我らが未沙ちゃん、完全に冷静さを失ってしまいます。
未沙の何処か放っておけない部分と、輝のフォッカー少佐直伝の、男としての行動が垣間見れる回です。
生物的と言えば、映画の方がイメージ◎ですわな。
でも、酸素ナシで動ける生物のエネルギーって、何で得ているんだろう?光合成?にしては動き激しい…。(^^;)
Commented by peppermint_y at 2007-06-10 21:44
理沙さん
こんにちは!毎度ありがとうございます。そして毎度の遅レスですんません!しかも今回誤字脱字が多かったデス。。。失礼しました。
>手元にあったはずの女の子
どうしたらいいのか手をこまぬいている間にアララ・・・呆然とする輝の心理が想像し易いですね。
そばにいた頃のミンメイへの思いを輝が引きずるなら、スターのミンメイも輝さげすんだりしてなくていい娘だなあ、と一瞬思いましたが、マクロスはスタッフの「夢」を託した物語でもありました。冷たくされないで当然当たり前かもしれません(笑)
>オタク的シーン
本編は見てないのですが、あだち充さん原作の「ラフ」の映画でも同じシーンがありました。これ、男子のツボなんですね!
おたくって初めて聞いた時、おばさんたちの会話のことかと思いました(笑)
映画ではゼントラーディ軍は全体的にドロンとバッチイ感じ。。。よって驚異を感じるデザインでしたが、ああいう感じだと感染系の武器を使いそうな気がしてきます。
アメーバとか池の底にいそうな感じの人たちなので、一部光合成説もアリなんじゃないかな、と思います。動きが激しいのはフラワー・ロックが内臓されているせい(笑)
by peppermint_y | 2007-05-31 17:00 | comic | Comments(2)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y