BSアニメ夜話 レビュー 超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか (1)

待ってました、3夜目はマクロス!です。
この作品は今回第4弾の3作品の中では衝撃的な出会いをした作品、というか、年齢的にも意識がはっきりしてきた頃(笑)に観た作品なので、思い入れもハマり具合も少々違います。はい、この思いをぶちまけるのはさておき、まずはレビューです。

※個人的に記録したものであり、基本的に番組進行と同じですが、少々記憶で補完させているところがあります。また、今回は思わず自分の感想や言葉を入れてあるところ(★)があります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月29日(水) 「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(1984年)
監督:石黒昇 河森正治

司会 岡田斗司夫、乾貴美子
ゲスト 板野一郎、古厩智之、北久保弘之、深見梨加

◆岡田が「アニメファンの世代がアニメ作りの世界に実際に入ってきて作った作品。男らしいではなく、男の子らしいアニメ」と紹介。

◆作り手側のゲスト、メカ作画監督の板野一郎さん。緑色のつなぎ姿で登場。アニメを見るのに運動神経が必要と言われる名シーンを造った。「子供の動体視力をあげました」

◆作品の一部を放映。「この作品の魅力は作品を貫く独創的なSF設定と複雑な軌跡を描く戦闘シーンにあり。ロボットアニメでありながら青春恋愛映画でもある」とナレーション。

◆ここからしばらくTV版の話が続く。古厩智之が“農作業をしていたが放映時間に間に合わせるために慌てて、手をカマで切った”などの思い出を語る。
(★少々個人的な話に時間割きすぎでは・・・?)


◆物語のあらすじ。
「大きく言えば 宇宙大三角形(ゼントラーディ、メルトランディ、地球軍)=地球小三角形(輝、ミンメイ、未沙)という設定」(岡田)

◆北久保は“マクロス”に参加。ただしあまり思い出や記憶が無いそう。戦場(制作現場)を一緒に乗り越えたもの同士?板野との気のおけないやり取りが続く。
北久保: 「板野さんの噂はかねがね聞いていた。板野さんはオープニング(の作り)からスゴ イ。スゴすぎてどんどん崩れていく」
板野: 「北久保は手が遅くて使い物にならない。だから演出になったんでしょ」
北久保: 「そういうあなたも演出」

◆板野「TV版は半年間家に帰れなかった。吐血して診断書を書いてもらって“これで休ませてもらえなかったら医者に私が説明に行く”と言われた。制作進行や絵描きがどんどん辞めていった。」とTV版での思い出を
(★切々)
と語る。

◆アニメ制作の流れについて。
「絵コンテ」→「レイアウト」→「原画動画」→「彩色」→「撮影」 
(★現在の作成方法と違うのでしょうか?)

マクロスTV版では各パートに原画やセル画を運ぶ係りである“制作進行係”が、赤信号に車を置いたまま失踪。

◆マクロスの”生みの親”を岡田が紹介。
「まだ学生で、ガンダムのレイラさんを立体的に描いてパンツが見える!とスタジオのトレースマシーンで遊んでいた、河森正治(監督)と美樹本晴彦(キャラクターデザイン&作画監督)」が主なスタッフとなって制作。“現在”のお二人と思われる写真が登場。

(★今のお二人の詳細はよく知らないのですが、やはり成功したヒトはステキに変化していくんだよなあ~と思いました。だって昔アニメ雑誌で見たお二人の写真とは、ま、まるで別人・・・。個人的には特に美樹本さんは大人の男って感じでダンディで、銀座でデートして下さい!って一瞬、思った。 )


◆板野がマクロスに参加するきっかけ
「(河森と)安彦良和さんの“クラッシャージョー”の現場で会ったのが最初。バルキリーに衝撃を受けこれをちゃんと動かしたいな、と思った。」

◆(映画版マクロスは)超一流のセンスと中学生のセンスが合体している(岡田)。
北久保: 「マクロスがエポックになる、ヤマト、ガンダム、と並びかけた一瞬があった、けど河森さんの幻想の女性観が」
岡田: 「童貞臭の強い女性観」
北久保: 「リアル体験0(ゼロ)だからどこまでもトリップしちゃう」

(★このへん私の国語力不足か北久保さんのお話がよく理解できずに<なにが言いたかったのか?>書き写してます。内容的にカマトトぶってるわけじゃなし)


◆深見「河森さんはマクロス7で出逢ったときにはもう結婚されていて、地に足がついているという感じなんだけれど、すごくロマンチスト。マクロスプラスの方がもっと三角関係がドロドロしていたけどそれでも品がある。あれが(河森の)資質なのかなあ。と」

◆古厩「戦争があればいいなあ、参加すれば成長し大人になれる、と思っていた。しかし輝は戦争では全然大人にならない。ごく身近な人間関係の中でいろいろある。(★そういう中で成長していくものだという意味?)なのでこの作品は妄想だけではなくちゃんと着地ができていると思う」


・・・続きはその2でアップしたいと思います。
[PR]
by peppermint_y | 2005-08-18 17:00 | comic | Comments(0)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y