世界ウルルン人形アニメ

前回の「世界ウルルン滞在記」では阿部サダヲさんがチェコのプラハに訪れ、人形アニメを作りました。
人形アニメ・・・作品は無知ですが、クレイ(=粘土)アニメなら、アカデミー賞をとった「ウォレスとグルミット」、言わずとも知れた「ピングー」、これは作品じゃないけど、好きだったのがヤクルトミルミルのCM。目が釘付けなりました!
クレイアニメって製作過程を想像するとなんだか夢中で見てしまいます。
好きなのは「ピングー」!対象年齢層が低く設定してあるのでしょう、キャラクターのやることが単純で幼くて、それだけに愛らしさがグッときます。背景は凝っていないけど逆にひんやりした空気感が伝わってきて・・・。
なんでも一般の人の間でもクレイアニメ作成がひそかなブーム???だとか?

さて、阿部さんが作った1分間の人形アニメ作品に、山瀬まみが「感動した」って言ってましたが私もです。
しかもウルルンって何かにチャレンジしても残念ながらやっつけみたいな結果が多いのに、ひとつの作品として完成してました。。。
先シーズン放送のドラマ「誰よりもママを愛す」を家族で見ながら『ビンコさんのおしり可愛いね~』と芸達者振りを楽しませてくれた阿部サダヲさん。
役者をやってるから上手い、のかもしれないけど、ほんの1分間の作品でもアイデアやキャラクター作りを時間の無いところ、しかも旅先での発想に感動してしまいました。

去年訪れたプラハの町並みも懐かしく、モルダウの流れが私を遠い目にさせていたことでしょう。


そのお話・・・peppermintが勝手に解釈の・・・
『オリーブおじさんの釣り』(仮題)

オリーブおじさんが釣りをしようとしています。
そのかたわらで“いす”がかわいい犬のように舌をたらしています。
オリーブおじさんは池に釣り糸を投げ入れました。しかしなかなか釣れません。
しばらく待つと池の中でうきが動きだしました。
釣れたかと、えいっと”さお”をひくと・・・・なんと長ぐつです!
残念そうなオリーブおじさん。
しかし”いす”がなにやらものほしげに舌を出しています。
そうだ、とオリーブおじさんは思いつき、”いす”に”長ぐつのぼうしをかぶせてあげました。
すると・・・なんと、ひっくり返した長ぐつの中からお魚が出てきました。
オリーブおじさんは大変よろこびました。いすもよろこびました。

ちゃんちゃん、『ありがとうございました~』   
             
                ↑
              唯一のセリフ
☆完成作品には阿部さんの口擬音しかついていません。
[PR]
by peppermint_y | 2006-12-19 17:00 | comic | Comments(0)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y