初めての●●!~マクロス・ザ・ミュージアム ②

本気出さないと物事うまく行かないことが多いよね、と思いながら無防備に旅人してしまうみんとです。

続くと引っ張りましたが、レポとしての中身は薄口かも。


e0048868_23195331.jpg




前回記事の写真「手塚治虫記念館」を撮っている時、前にやたらと意識して振り返る通行人がいて、大丈夫!オメーのこと撮ってんじゃないからと心の中で叫ぶ。こういう勘違いはなはだしい人は久しぶり。

入館すると秘書風の係員さんがお出迎え、入場料700円を払うと、『スタンプカード作りますか?4回目が無料で入館出来ます』と。たびたび来られる所ではないけど、カードのかわいさにひかれて作ってもらいました。

e0048868_1125059.jpg


前から来てみたかったので常設展示も回ります~。

週末だし、特別展(マクロス)あるし、混んでるかな~と思いきや人影はまばらでしたが、人種はファミリー、デート、おひとりさまとバラエティに富んでいました。

一階は手塚先生が20年間過ごした宝塚を前面に年表形式で手塚治虫の功績を辿るというようなもので、以前行った「手塚治虫展」の猛烈な手塚ワークス語るよりも冷静な感じでしたが、愛、生命の尊さのテーマは要所押さえてピックアップ(エロスシーンなど)もされてます。

あらためて、手塚先生のキャラって目が大きくてかわいくて、若い頃からおじさん然の先生が描いたとは(以下略)

映像ホールで短編映画の上映が始まるというので鑑賞する事にしました。
内容は、多忙な毎日に疲弊しているスターな彼女が、ホームレス青年との路地裏でのふれあいを通して精気を取り戻していくという物語です。

ん、ちょっと「愛おぼ」シチュみたいじゃないー!

彼女への愛を貫いた青年はマネージャーとして支えていくことでハッピーエンド♡
・・・ってヒモってこと?カイフンと一緒じゃん!と思った私は汚れた心の持ち主。
TV輝もミンメイにグラつきやがって、未沙が来なかったらヒモの道を歩んでたかもねーアブナイアブナイ。。

無声映画なのが古典的なストーリーが合っていて、そうすることで画の見せることにこだわっているのかなと思いました。相変わらず美しい映像でした。

二階へ上がって、喉がカラカラだったのでお茶することに。そのはずで質素な朝食後から飲まず食わず。
「ジャングル・カフェ」で美味しいアイスコーヒーを飲み、ホッと一息つきます。
後ろは手塚治虫作品がずらりと並ぶライブラリー。漫画も読めるので時間があったら読みたかったわ。(買って読めー)
ほっこり、ぬりえコーナーもありますよ、そのスジの人が着色したと思われるスゴイのも。

e0048868_2161951.jpg


e0048868_23212651.jpg


さて、いよいよ「MACROSS THE MUSEUM」ですよ~!


・・・って人影ないんですけど。地球人絶滅?(笑)

写真オーケー、NGの表示も見当たらず、とりあえずズンズン入ってみるとバルキリーの付近にヒト、いました。
先客はバルキリー乗ってご満悦(長居しそう)だったので、他の展示物から見ることにしました。


e0048868_21171460.jpg


おっ、バルキリー、バトロイドへ変形中~。プラモ?をアニメーション的に展示ってありそうでなかったですよね。
バトロイドって人間の鍛えられた体型(逆三角の上半身に筋肉の足)っぽいですね。そこもスマート設計のポインツでしょうか。
メカに詳しくもない私が言うのもなんですが、バルキリーだけは鼻膨らませていいよね、マクロスファン。何度も言ってるけど。まー悪いけど、ガンダムがもっさりして見えるよ、対抗心でなく素直な感想。
バルキリー讃嘆は今後もしちゃうと思うのでよろしくね。

これ↓、Michyさん&ぱよぷーさんがすごく喜んでたやつ。

e0048868_2215475.jpg


ミュージアムなだけにそれっぽい展示が愛おぼ郷愁をそそりますね。
未沙は輝との甘い思い出に浸るだけでなくちゃんと寄贈したんですねー、さすがしっかり者。

遺跡といえばこの間、妹と上野に地中海の遺物を観に行ったんですが(たいして歴史好きでもないけど)、妹が巨大なロゼッタストーンを観、「暇?」って言ったんで大爆笑。うん、昔の人はパソコンもTVもないしねぇ。

その他、年表の展示やあり歴代艦長の肖像画(私的にはマックス、インパクトあり)がされていました。
全体のスペースは教室ほどの大きさでしょうか、なので全部写真に収められそうな位ですが、掲載は割愛します。
とはいえ、ツボは押さえている感じでとにかく初代ファンが確実に楽しめる内容になっているのが良いです。
入場料の割増料金もないし、低予算で美味しい料理を作っちゃう料理人みたいな感じですか。
それとここは市立なのですよね、それなり機関で「マクロス」が決裁されたのだとしたら面白い。
イキった入場料で大物作とけば、みたいなのはよくないです050.gif

バルキリーに戻ったら今度はキャッキャとお子さまが乗ってました。
そのお母さまらしき人が、「マクロスって観たことないねー、今度見てみようか~」とか「お母さんもバルキリー乗せて~」なんてはしゃいでいました。

写真撮りたくて遠まきにしてたら、またもや人散らしの術?で誰もいなくなったのでパチリ。

e0048868_2118733.jpg


今あらためて見るとジョーズみたいなんですけどw

さすがに一人乗ってはしゃぐ勇気はなく、michyさんに写真は見せてもらってたけどコックピットの中を生で覗いてみました。
コントロール・パネルがパタパタ動いてカッコいいです!座ったら臨場感高まりそう。

そうだ、バルキリーに乗って輝が操縦してくれるアトラクションがあったらいいな、USJの「BTTF」風の。そしたらサンセット・ビーチとか歌っちゃうわけ♪

e0048868_22582262.jpg

>エコノミー症候群は大丈夫かな?

順路は無いようなものなのですが、出口へ向かったつもりが入口だったようで、看板を写真に収めていると・・・(上段に注目)

e0048868_23133615.jpg


  全36話/ 1982年10月3日~1982年6月26日


フォールドならぬタイムスリップの事実。
やはり「マクロス」はミソをつけないと終われない運命のようですww


気を取り直して最後にミュージアム・ショップ、お土産処に寄ることにしました。

e0048868_23435351.jpg


ささやかにポストカードを購入しました。(正規商品用?のユニコシールがかわいい!)
アレ、マクロスグッズは・・・??

所要時間、若干急ぎ気味で1時間15分ほど。
「手塚治虫記念館」を後にいたしました。宝塚大橋を渡る時は空がいい感じにかげっていました。

e0048868_2043427.jpg


e0048868_20135164.jpg

アトムとサファイアがお見送り。


たまたま駅併設のビルを通ると、マクロスとタイアップのお店を偶然発見。やっぱり中華料理屋さんです。
若いヒト達がお店から出てきて、「ホントはランカが良かったんだけどー」などと話してました。なにがランカだったら良かったんだろう・・・?

e0048868_0227.jpg


e0048868_02221.jpg


e0048868_057342.jpg


暑くて勢いよくラーメンを食らえなさそうなのと、新幹線の指定をとってたので後ろ髪引かれながら後にしました。

梅田まで戻ってくるともう発車の40分前☆
阪急鉄道のチャージは東京のそれとは違うので、思わず女性駅員さんに訴える。

人気の阪神デパートのイカ焼きはあきらめ、前日の友人二人に地産地消とばかりに関西の野菜をオススメされたので、大阪の水なすと淡路島の玉ねぎ、そして新幹線で食べる用にカットスイカを購入。

e0048868_0564044.jpg


新幹線に乗ったら、心も体もやっとクールダウン。そのせいかお腹が空いてきたので、東京に着いて広島お好みを購入♪♪

e0048868_11729.jpg


ドタバタなとこもあったけど、初めての出張は充実でしたー!と思っていたら2日後、39度超えの発熱・・・オーバーフローってことですか。。
7月いっぱい鼻水が止まらなかったっす。。

(完)


e0048868_1243679.jpg






e0048868_121049.jpg←ぱよぷーさんからいただいたお菓子(ありがとうございました053.gif
[PR]
Commented at 2013-10-13 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by peppermint_y at 2013-11-11 01:34
くまおさん
毎回毎回レスが超・遅くてすみませんww
反省はしてみるものの、どうも最近睡眠欲に負けまして。

LCCでの関西入りですね、それ以前にお仕事がお忙しいとのことで残念でした。
私のはあまりアテにならないログで(一回目はほぼ関係ないネタで恐縮w)他の皆さんはもっとしっかりレポされていると思いますので、私もあとで拝見し、もう一度暑い宝塚に思いを馳せたいと思います。

声の仕掛け、分からなかったですー、いや、聞いたのかもしれないけどひとりで浮わっついて忘れているのかも。

ハハハ・・・輝はオバサンの同乗もイヤがることでしょう(笑)未沙に対してもあれだけの反応するんですから。草食系のクセしてからにー!(笑)

年表にもミラクル(嫌味)が起きていましたが、「マクロス」って作品はどうも自虐的なところがある気がしてツッコミやすいんですよね。

リバイバルの際は、欲を言えば、既出の原画展と今回の内容をミックスしてやっていただけないかと!
その際にはどうぞ、足を運べることができることを祈っております。

こちらこそコメントありがとうございました。
by peppermint_y | 2013-09-23 14:00 | comic | Comments(2)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y