「牧場の少女カトリ」の面影追って☆フィンランド旅行 その3

その3は(も)、雑記です。


e0048868_22543966.jpg




旅行の地を告げると『フィンランド?遠いんでしょ』と誰かしらに言われるのですが、たった9時間半のフライトです。みんなが大好きなハワイとそう変わらない。空港から都市が近いところもいいですね。
そうそう、帰りの飛行機の中、いろ㋩さんがおっしゃる通りの状態でオーロラが観れたんです。全体的に白っぽい感じでしたが、TVで観たようにうにゅうにゅしていて嬉しかったですねえ。

ホテルへ到着し、一息してTVをつける普段の習慣。するとフィギュアスケート女子の競技が行われていました。フィンランド杯、生中継のようです。外国に来ていきなり村主選手が出てきてびっくりする。この方、変わりましたよね~「顔芸」が無くなり、スポーツらしいすべりになりました(って何様だけどさ)。前日は高橋選手の復帰戦で優勝で飾ったそうで☆(「スポーツ大陸」、見ましたか)
最近フィンランドからも実力のある選手が出てきているそうです。エースはラウラ・レピストでしょうか。キーラ・コルピって人も美人だよねえ。
ラウラがリンクに出てくると憧れのおねえさんといった感じで会場の幼い女の子たちがワアッと湧き立ちます゚+.(・∀・)゚+.゚ 
こちらの中継のスタイルですが、解説はしっかりあるけど演技を淡々と放送していくだけ。なんで日本のフィギュア放送は演出がかった造りなっちゃったんでしょうか。。。

朝には子供のアニメが放送されていました。

e0048868_0333066.jpg


動いてないとあまり魅力をお伝えできないかもしれませんが。
かわいすぎるキャラクター!

どうやらお隣の国、スウェーデンで制作されたアニメらしいです。寒い国らしくこの回はホッケーがどうのこうのというストーリー。あの「スヌーピー」でもホッケーがよく出てきます。シュルツさんがミネアポリス出身ということで。寒い所はホッケー、ということで。

さて、2年前はほとんどお買い物が出来なかったので今回はイザ、“ニッポンジン”が大好きな「アラビア」や「マリメッコ」へゴー!
モリッとお買い物させていただきました。噂どおり、アウトレットでは目玉が飛び出るほどお安くなっているものも。
バンザーイ、バンザーイ、バーゲン!

e0048868_23451684.jpg


アラビア社の創業は1873年。クーセラ屋敷でも使っていただろーか・・・

野菜や果物を売る青空市場なども好き。野菜好きの食いしん坊ってこともあるけど、西洋野菜ってかっこいい。でも買えないので遠巻きにします。ショッピング・バックからリーキ(西洋ネギ)の頭をのぞかせている人、多数目撃。なんのごちそう、作るのかな?
カトリがライッコラ屋敷の奥様に“ピンかぶら”(だったかな?)の苗を主人に内緒でもらってきて、と使いに行って誤解を受け、カトリが主人にしばかれるエピソードがありました。
あ、こっちのかぶらってどんなか確認すればよかったな。かぶって煮ても焼いてもナマでもウマしvv

青空市場ではこんなものも。前回、港の前の市場で。
e0048868_21331447.jpg


木製の小物入れ。テンション、アガルルルー♪ あまりにもかわいいので二つ購入。さあどれを買ったのでしょうか?

こうして街をブラついていてもヨーロッパっぽくも敷居の高さを感じないとても居心地がよいです。街の通り名にはなぜか二つ通り名が記してあります。目的地を探しているときにややこしいなあ、と思ったらスウェーデン語が併記してあるそうで。そういえば駅名も外と中で違うんだよなと思ったけど。スウェーデン統治下であったことが今も影響しているんでしょうか。

e0048868_2343991.jpg


e0048868_2251680.jpg


市場前から出発する遊覧船に乗ると、こんな小島に出会うことができます。

e0048868_22103974.jpg


カトリとマルティも舟を漕いで何度も小島に魚釣りに行きました。そこでちょっとした遭難事件も繰り広げられました。
すぐ二人っきりになれる場所があるなんてロマンチックじゃないかーいⅴⅴ
「ムーミン」の作者、トーベ・ヤンソンさんも小島で暮らしたというし、自然の贈り物にうらやましさを感じました。

そうそう、すぐにアクティビティが出来ることもよいですね。
といっても、身ぃひとつで出来るハイキング。思い立っても、ヘルシンキから電車やバスですぐ森の中へ入ることが出来ます。

こんな感じで現地のヒトも楽しんでいます。「かもめ食堂」で日本でも有名になったヌクーシオ国立公園。

e0048868_2156331.jpg



今年もアウランコ国立公園へ行ってきました。遊歩道の折り返し地点にある30m以上の搭の上から眺めるとこれぞムーミンの世界!が広がっています。(トップの写真↑)

お散歩のかたわら、脇の茂みにはブルーベリーがすずなり。
霜の降りた後でしたが自然のデザート目の前に手が赤くなるほど食べちゃった。
国立公園内であってもきのこ狩りと木の実摘みはいくらでも採って良いことになっているんだそうです。年頃の女の子もかごを持って採りに行くんですよねー。夏~秋にかけてこういう生活が当たり前のようですが、残念ながら「カトリ」の中では描かれていませんでした。

e0048868_21545971.jpg


森に入った日が一番暖かくて。歩くと汗ばむなんて久しぶり。。。季節はこんなに進んでいるのに日没は日本より遅いという。帰り道を照らしてくれてありがたいです。朝は8時半ごろにならないと日差しがそそがないが。
フィンランド語の先生(日本在住のスオミ人)は『今ヘルシンキの冬はぜんぜん寒くナイヨ~』と言っていましたが、極東アジアの人間にとっては寒ーーーいのだ。
湿気で毛穴のあいた日本人には9月までがベスト。冬の厳しさを体感するにはいいかもしれないけど。

寒いといえばちょびっとだけ、一日観光したタリン(エストニア)についてログします。

旧市街地にしか足を運ばなかったのですが、そこは聞いていたように童話の国みたいでした。でもこの日は前日のヘルシンキの雲を連れてきてしまったようでどんより空の下、とにかく寒いって!!
訪れた火曜は教会や博物館もお休みが多いということ。暖をとるためにはお土産屋さんに入ります(スミマセンねー;;)
手工芸品が多いようで、手編みのニットや木のカトラリーがお土産品として沢山並んでいます。惹かれはするものの購入まではいたらず。結局、なんにも買ってないことに気がつき慌てて帰りの船で木製のマグネット買いましたが。
そんな中、寒さこらえ、妹が見つけたハンドメイドの人形店に入ったのですが、ここがとっても魅力的なお店でした。
ドールたちのほのぼのした顔立ち、衣裳の配色もパーフェクト・・・。
妹が妖精(?)のドールを購入。自分も欲しかったけどさっさと妹が決めたのが一番気に入ってたので・・・でも妥協しても買えばよかった(TT)あとで『明日買いに行く?』なんて言われてまるで子供(笑)またいつか来ますって・・・。
ガイドにも載っているお店なので興味がある方はぜひチェックしてください。

「魔女の宅急便」の舞台に参考にされたという町並み。おおーっ、とうなずけるものがありました。でも寒すぎて気持ちに余裕がなかったので、も少し暖かい時にアゲイン。


e0048868_011734.jpg



ヘルシンキに戻り。

一昨年のリベンジ。「カトリ」の原作本を手に入れるべく今回はスペルも書いておいて、再度「アカデミア書店」でチャレンジしました☆

・・・しかあし店員さん、『どこの国の本ですか?』とか言っちゃって。

フィンランド人の琴線に触れるような有名なお話だと思ってたのは思い込みだったのかあー?
引き続き、年季の入った店員さんに訊いてくれたところ、『古い本だからここにはない』とのことでした。残念。。。今度は古本屋だね。

劇中ではさらにとっても古い物語、フィンランドの偉大なる叙情詩「カレヴァラ」を読むことにカトリは熱中しています。
“カレワラ”とか“カレバラ”とかいろいろ表記があるみたいだけど、まあ、どうでもいっか。

 『乙女よ 我が為に玉の連なる首飾りをし その髪を編んでリボンで結べ』

だったかな。「カトリ」で引用された部分が素敵だったので、世界の神話を集めた本でカレヴァラをかじってみました、ら、けっこうアレ~な内容なのでびっくり!ちょ、ちょっと、ある一節なのですが・・・

  『ティエラに戦へ行く暇はない ちょうど若い女と結婚し

  自分の妻を迎えたばかり まだ乳首も弄られず

  尻をたたいたこともなく 腰をくすぐったこともない』



――いいんですか、アッキさん。子供にこんな本を与えてxxx

思わず一行おきの太文字で書いちゃったけど (笑)
これだけじゃなく近親相姦やら残虐的殺人やらエロ爺やら、三面記事のオン・パレードなんですよ!お母さま!
『難しいわ、この本・・・』と毎晩真剣に読んでいるカトリ、同じ声優さんの“別の代表作”みたいになりませんように。。。(ソレ、断じて観てませんけどね!)
マルティは読んでもいいかも 男の子だもん<爆
「アラビアン・ナイト」とか「平家物語」などなどしかり伝承話には俗っぽさがつきものなんですね。


 ――他にもいっぱい、食べ物やカワイイもののことを記したいのですが、尽きないのでひとまずこのへんで。
 これまた長いロム、キートスありがとうございました♡

「カトリ」に通じることを思い出したらまたログしたいと思います。今度はもっと北の方も行ってみたいな。

 
 MOI MOI, FINLAND ! 



e0048868_2244699.jpg

[PR]
Commented by いろは at 2009-11-08 10:11 x
わー。こういう写真を見ると、やっぱり森にも行きたかったな~~~って思います。
これまでは極寒季節に極寒地方ばっかり目指していたので
森を軽やかにハイキングってちょっと憧れー。

小物入れ可愛い~~~
私なら手前のグレー背景雪景色にシャガール風な天使さん?が飛んでるのとか
一番手前の列の赤い箱のトナカイさんのに触手が動きますねー。
っていうか大人買いしそうですw

>暖をとるためにはお土産屋さんに入ります
やるやるwww
暖かそうなとこ狙って入るwww
10月半ばにもなるとやっぱりもう寒いんですねー
Commented by peppermint_y at 2009-11-08 22:32
いろはさん
こんばんはー。コメントありがとうございます。
いろいろとコメントを拝見していると、いろはさんは寒いところにお強いみたいですよね?
今回の北欧は12月のロシアよりも寒かったような気がします;;
「森マダム」にすぐなれるフィンランドです。ぜひぜひ次回、足元かためて、お弁当持って遊びに行ってらしてください♪
今回は気温が低く、気分的にゆっくり出来なかったので私も次回しっかりとムーミンしたいと思ってまーす。

天使の小物入れ・・・キャーーーー、購入したのはソレです☆
カブったよ~ウレシイ☆
今見ると、トナカイもよく描けてていいですね。
大人買いって・・・いろはさん作れそうじゃないですか(笑)
前世、コッチの方、とか(マト・テクといい・・・ww)

ホント、お土産屋さんに入湯税ならぬ暖房税払いましょかーって感じでしたね。こんな客にもイヤな顔せずありがたかったです。
いやあ、1ヵ月足らずでこんなに寒くなるなんて。。。半年前に計画企てられる方に脱帽する瞬間でした(笑)
by peppermint_y | 2009-11-01 12:00 | anime | Comments(2)