「マクロス」幻のバレンタイン・デー その2

その2ってほどじゃないんですが、ただ延びてしまったので。ああ、ユルい考察で・・・。


バレンタイン・エピソードといえば、#21「ミクロ・コスモス」とつながって、この回は演出がするするっと入ってくる自然さがあると思いました。

輝と未沙の距離感を縮めるお話で、使い古された手ではあるのかもしれませんけどね。
フォーメーションが解除されるタイミング・・・延びてたらどうした、の寸止めなのもニクいし。

寸止めで萌えてる最中ですが・・・マクロスの小説版の「ミクロ・~」では輝と未沙が
キッスしてるんですよね。

それ読んだ時も萌えたよね~♪ (まだまだはるな愛)







いか、小学館文庫「超時空要塞マクロス」(下) より抜粋


「おれたち、これからどうすりゃいいのかね」
「今日をせいいっぱい生きる。それしかないんじゃない?」
「・・・・・・そんなもんかね」
「・・・・・・そんなもんよ」
未沙は輝に向き直って、ハンカチを返した。ハンカチといっしょに輝の掌のなかに、未沙の指先が押しこまれる。輝は二本の細い指を握りしめた。未沙はハンカチにくるまれた指に、熱い力を感じた。ふたりの視線が合う。
輝は未沙にひかれているわけではない。未沙にしても輝への想いはなかった。
二人を結んでいるものは、おなじようなさびしさだけだ。
ふたりは唇を重ねた。




――”今日”なんてひらがなだし、漢字には全部ルビがふってあって、年齢対象はいくつ?!
そりゃキスだけでトキメクだろうな、少年少女。

この小説版、ろまんちっく度はいずれの一番ではないですか012.gif
で、なんでTVではキスしてないのー?って非常にがっかりした。
狂喜乱舞しただろう、あの頃なら。

入れなかったのは、これからもミンメイへの片思いを27話まで引っ張っていかなきゃならないし、ああいう微妙な心理を描いても、キスはキスだし、誤解を与えかねないからですかね。
「任務」でしているだけで、十分伏線にはなりえるし?
やっと27話でミンメイとキスが出来た輝(笑)ってことで、その前に感情的に未沙としてたら、そのキスシーンが不純に思えてくるかもしれません。
(視聴者諸君のその思いが遂げられる大切なシーンですし☆)
しかもそのあとの「未来」を見つめる輝と未沙、の爽快な雰囲気がやや弱くなるかもしれませんね。
そんなファン投票ナンバーワン(アニメディア・映画に入れて欲しい名場面参照)を経て、怒涛の28話以降を迎えるわけです。
 (輝が失った甲斐性はナンボのものか。。。)

本編の「ミクロ・~」でキスしないのは、当然、ということでしょうか。
濃やかな心理が描ける小説ならアリですが。


この横並びのエピソードを元に二次創作をしてました。
バレンタイン・デーにちなんだものを作りたくて、「ミクロ・コスモス」や初期ストーリーボードを参考に作ってたんですが、結局やきなおし風のものしか出来なかったことをザンゲします。

今週中にアップする予定(いつと限定できないダラしなさ;)です。
お暇だったらのぞいてくださいませ。
[PR]
Commented at 2009-04-27 05:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by COW at 2009-04-27 12:30 x
ここのところオチまくっている私です・・
そしてGW突入と同時にまたオチそう。
でも、ぺぱさんの予告!アップしてすぐは読めないかもしれないけど、
楽しみにしています♪♪

小説版、あれはあれでまた結構味がありますよね・・
テレビ版小説のラスト、未だに腑に落ちない部分があります。。
Commented by 桜陰堂 at 2009-04-27 22:08 x
簡単な漢字にルビふってあると、妙に気合が抜けますよね。

新作、久々ですね。
楽しみにしています。
Commented by 理沙 at 2009-04-28 22:55 x
↑ぺぱさん、ぺぱさんっ!
上の小説の切り取り、その「後」が萌えるんだってばw
トランス・フォーメーションが終わるまで、ずっと唇重ねてるという表現の所がww(笑)
…いきなり来て叫び出し、すんません。m(__)m
27話までならキッス○で、きっと27話のミンメイとのキッスはなかったよね。
でも「その後」が出来たから「ミクロ」で省いたんでしょうなぁ…。
だから27話のミンメイとのキッスは「後がつづく」の意味があるんでしょーね。
27話までにしておけば…とおっしゃるファンの気持もわからんでもない。
2年もの間、未沙に手を出さない不自然輝w(笑)にもならなかっただろうしなぁ。(;´▽`A``
1度男女として未沙とくっつき、再び現れたミンメイにふらふら~として、雨降って地固まる♡の方が自然な気がする。(俗に言う倦怠期ってやつね。)
↑(…それでも輝スキーのことばかいっ!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;)
でも、当時子供が見るアニメに、さすがにそんな放送が出来ない時代でもあったのね♡

バレンタインSS、我慢出来なくなりましたか♡
私は早まった事に大歓迎でございます~。m(__)m
Commented by peppermint_y at 2009-04-29 22:40
とんぴさん
こちらこそごぶさたしています。
なんといってもこの「亀更新」で、すみません・・・^^;
ありがとうございます、少々ばかりお待ちくださいネ^^;

Commented by peppermint_y at 2009-04-29 22:57
COWさん
いえいえ、落ちしまくっているのはマジ私も、って感じです。
こんな遅いペースなのに思い出して訪問いただけるのに感謝です。
(そういえば、「りめんば」さんでCOWさんの“新作”も読ませていただきました。色っぽかったし、いろはさんの絵と合うな~と思いました♡)

あの小説版はいい感じでアレンジがされてて、上~下巻でバランスが少々悪いのは置いといても(未沙との関わりが増えるのに寸詰まりがザンネン)なんとなく“映画版”より、好感が持てます。

・・・「書いているうちにキャラが動き出してくれる」とか、神がかり的なものがないみたいで。苦しみを伝えないようにだけ願っとります。。。
Commented by peppermint_y at 2009-04-29 23:02
桜陰堂さん
よい子の「小学館」ですから、みんなに読めるようにネ!
ss、どちらが桜陰堂さんとどちらが先にアップできるでしょうかネ?
(今日作業しようと思ったのですが、思わぬ外出を・・)
焼き直し風になったことに気がついたので、その際は親戚の兄さんぐらいの目線、でお願いします!
Commented by peppermint_y at 2009-04-29 23:43
理沙さん
そうか~27話の「ミンメイとのキス」が今度はさらなる伏線になってくるんですね。そこまでぜんぜん意識飛ばず・・・さすがです!
「2年後」になってからが本当の三角関係なんだと思うのですが、月日を費やしたのは、ミンメイとの関係性を変えたいという策ですよね。
未沙とのうやむやな関係性は大人っぽいのはアレですし、ミンメイとの恋を復活させるためにも、月に行ってただとか近すぎる関係だとか、ズラズラ言い訳をパーメモなどに書くことになっちゃったと(笑)

切り取りのその後、というと、情緒的に時間の経過が描かれているところですねー。魔法のじゅうたん、ですもんねー♡遊園地の気持ちの悪くなるマシーンとは違いますから(笑)

我慢できなくなったというか・・・先が見えないもんで、記憶のあるうちになんとかやっつけておこうという感じです(^^;
でも、見直しても点数が伸びない子なんですよね~昔から~。
その創作意欲、あやかりたいものです。。。
by peppermint_y | 2009-04-26 17:00 | comic | Comments(8)

昔のマンガやアニメに懐古中


by peppermint_y